壁にかかっている上着の理由

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です


先日、嬉しいことがありました。

関西での野外研修の体験会に参加していただいた、とある企業の人事の方と飲む機会がありました。

「久し振りですね!」なんて飲みながら、近況報告などをしていました。

その流れで野外研修の話になりました。

その人事の方は、野外研修体験会でのニックネームは“マッサン”でした。

それ以来、私は“マッサン”と呼んでいます。

マッサンは焚火のプログラムで、こんな話をしていたのを覚えています。

「色んなプログラムに取り組んで、振り返りをした時・・・・・

 気づいたことや、チームで目標を達成する要素などを書き出した時に・・・・・

 計画とか結果検証とか、タイムマネジメントなどを書き出していたんですが、人に関するものがないことに気づいてハッ!としたんですよ。

 他の人は思いやりとか助け合いとか、チームワークとか人に関することを挙げているのに、自分はそれが出てこなかった。

 一つもですよ!

 会社でも、プライベートでもそれが大切じゃないですか!

 でも、自分はそれを無視して、テクニックやスキルだけに目がいっている。

 あ~!これが自分なんだ!と、これではいけない!と強く感じたんですよ。」

という様な内容でした。

マッサンは、そんな気づきを得て、そのことを忘れないために!

その時に着用していた、ニックネームのシールが貼ってある上着を、洗濯もせずそのままの状態で壁に掛けているそうです。

下に貼り付けているのがその写真です。

それを聞いて嬉しかったですよ。

その企業で新入社員研修として野外研修を実施したいと、現在社内で提案していただいている様です。

参加者同士の絆が深いものになることを、身をもって体験していただけたからですね。

しかも、それを忘れないために!

凄いですよね。

あなたの会社では、学びや気づきを忘れないための工夫をされていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です