第26回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<信頼される人になれ>

法則① 自分が自分の人生の主人公になる(自分に矢印を向ける)

自分が主人公

私がまだまだ新人の頃、ある上司によって自分にフォーカスをするということを教えてもらいました。

その上司は、「愚痴は言いなさい!」というタイプでした。

「今日一日、一生懸命に働いたんやから、ストレスが溜まらんわけがないやろ。
 ストレス発散や!愚痴があったら愚痴ったらええねん。」

そう言うのです。

よく、男は愚痴を言うものではない。

愚痴を言うなんてみっともない。

そういう言葉はよく耳にするのですが、その上司は反対でした。

飲みに行くと、「愚痴大会」です。

しがないサラリーマンが、高架下の居酒屋で会社や上司の愚痴を言う。

そんな感じなのですが、愚痴を言っては馬鹿笑いすることもありました。

本気で怒って、腹を立てながら話すこともありました。

「会社が・・・・・!!!」

「上司が・・・・・!!!」

「部下が・・・・・!!!」

「顧客が・・・・・!!!」

普通ですと、「散々愚痴ったのでスッキリしただろ!嫌なことはお酒に流して、また、明日から頑張っていこう!」

という流れが多いと思うのですが、その上司はちがいました。

飲み会で散々愚痴った後に・・・・・

「じゃあ、次は・・・・・お前はどうするんや?」

と問い掛けるのです。

「会社はこういう問題があるけど、それに対してお前はどうするんや?」

「上司はこういう状態やけど、お前はどう動くんや?」

「部下はそうなら、お前は何をするんや?」

「そのお客さんに対して、お前はどうしていくんや?」

聞かれた本人は・・・・・

「提案書にまとめて話をします。」

「部下として上司にこんなフィードバックをしてみます。」

「あきらめずにちがう方法で教育していきます。」

「もう一度話をしてみます。」

と、汗を拭き拭きしながら応えたのです。

今思えば、それはある意味、決意表明に近いものがありました。

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です