あなたは既に、優しさを持っている!

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


「人に優しくしないといけない!」なんて、強く意識しすぎていることはありませんか?

自分には優しさがないなんて、嘆いたりしてはいませんか?

優しさというのは、誰もが持っているものです。

優しさというものを知れば、自然に発露されていくものです。

優しさを知るのはどんな時でしょうか?

・・・・・私が優しさを知ったのは優しくされた時でした。

自分が落ち込んでいる時に、優しくされた時です。

普段から優しくされていたのですが、落ち込んでいたからその優しさに気づいたのかもしれません。

人は満たされることで気づかないことがある様です。

愛が不足した家庭で育った人は、外の世界に出て愛に触れた時に心が満たされるかもしれません。

逆に、愛に満たされた家庭で育った人は、「そんなの当り前じゃないか!」と愛を感じ取ることができないこともある様です。

そんな人は、逆境や挫折をした時に、自分が今まで愛に包まれていたことに気づくのかもしれませんね。

「人に優しくしなさい!」

この言葉だけを知り、人に優しくしなければならないと教えられると・・・・・

人に優しくない人を悪い人だと責めてしまいがちです。

また、優しさに欠けていた自分を責めることになるかもしれません。

しかし、「優しくできなかった!」と思っている時点で、自分の心の中には優しさがあるのです。

あなたは優しくないわけじゃないのです。

悪いものを良くしようとするから、悪いものが生まれ出てくる。

優しくなかった人は悪いと、相手を責める悪いものが生まれる。

自分を責める悪いものが生まれる。

言葉や思考ではなく、心や感覚で優しさを知ったなら、自然と優しさが発露していくのです。

恋人と別れて落ち込んでいる時に、友達に掛けられた優しい言葉に、心が救われたことはありませんか?

受験に失敗した時に、友達に掛けられた優しい言葉に、心が救われたことはありませんか?

会社を辞めたいと思った時に、両親に掛けられた優しい言葉に、心が救われたことはありませんか?

じゃあ、あなたは既に心の中に優しさが宿っているじゃないですか。

そんな優しい気持ちで一日を過ごしていれば、あなたの何気ない言動に優しさを感じて、救われている人がいるのではないでしょうか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です