新入社員の心が燃えたひと言

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

とあるパチンコ企業でのエピソードです。

40歳になったM氏は、パチンコ台を運ぶ運送屋で働いていました。

あるパチンコ店の入替の時には彼がパチンコ台を運んでいました。

入替作業の段取りの良さや、アルバイトを含めた店の雰囲気に、いつしか彼はこの店で働きたいと思う様になっていたのです。

体力に自信のあるM氏でしたが、40歳でパチンコの初心者です。

が、あまりにも熱心に入社を熱望するので、その希望は叶うことになりました。

そして、事務所に挨拶に行った時に、社長と偶然出会いました。

入社しても社長への挨拶などの風習はありませんでしたので、ほんの偶然での出会いです。

「おはようございます。

 今回○○店に入社させていただきましたMです。

 頑張るので、よろしくお願いします!」

社長「○○○○○!」

M氏「ありがとうございます。」

というやり取りの後、M氏は別室にて店長の前で涙をポロポロ流し、喜びとモチベーションの高さを語ってくれました。

その後、彼は初心者なりに一生懸命頑張り、副主任・主任へと昇格したのです。

あの時、社長はいったい何と声を掛けたのでしょう?

そんな、難しい事ではありませんが、その一言でM氏は頑張れたのです。

何気ない一言です。

あなたなら、どんな言葉を掛けますか?

社長の欠けた言葉は・・・・・

「Mさんですね。

 来てくれて幸せです。

 よろしく、お願いします!」

というものでした。

あなたが期待した程の言葉では、なかったかもしれませんね。

けれど、40歳・初心者の心にはズシーンと響いた言葉だったのです。

期待通りの働きができるのか?という不安もある中で、トップ自らが「幸せです!」と言ってくれたのです。

それは、自分がここにいることを認めてもらえたということであり、認めるどころか、それにより私は幸せに感じているという告白でもあるのです。

よく、YOUメッセージではなく、Iメッセージで語ろうと言われます。

YOUメッセージとは、「君は頑張ってるね!」という、君は・・・から始まるメッセージです。

Iメッセージとは、「僕は、君が頑張っている姿を見て、勇気をもらっているんだ!うれしいよ!」という、僕は・・・から始まるメッセージです。

そのIメッセージの方が、心に響くんですよね。

この社長のIメッセージで、一人の新入社員の心に炎が灯ったのです。

そんな何気ない一言にも、大きな力があるんですね。

実はこの時に店長をしていたのは私なんです。

あなたも部下に、Iメッセージで気持ちを伝えていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です