従業員のニーズとウォンツ

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


マーケティングでは、ニーズやウォンツという言葉が使われます。

ニーズというのは、「〇〇しなければならない」という様なものです。

ウォンツというのは、「〇〇したい」という様なものでしょうか?

歯医者で例えるなら、虫歯を治療しなければならないというのがニーズ。

白く美しい歯になって異性にもてたいというのがウォンツですね。

このニーズやウォンツは、事業をする時にだけ考えるものではないかもしれませんよ。

従業員育成の時にも、大切にすべきキーワードではないでしょうか?


あなたの部下のニーズは何でしょうか?

高く評価されること?

給料が上がること?

昇格すること?

では、あなたの部下のウォンツは何でしょうか?

部下がやりたいことは?

それは部下自身が気づいているかもしれませんが、気づいていないかもしれません。

あなたが、上司として導いてあげられることかもしれません。

あなたと働くことで、こんなに充実することがあるんだ!

あなたと働くことで、こんなに嬉しいことがあるんだ!

そう思ってもらえる上司でありたいものですね。


社員登用の希望が多い店と少ない店があります。

その差は何なのでしょうか?

その差が上司の差であることが多々あります。

あるパチンコ企業のエリアマネージャーは、大学生の時にその店でアルバイトをしていました。

その時に働いている店長や主任たちを見て、こう思っていたそうです。

“このおっさんら、何でこんなに楽しそうに頑張るんやろ!”と・・・・・

そして、自分もその世界に入りたいと思い社員になったそうです。

入社してからは、自分も楽しく頑張れたそうです。

そこには、やはり、やりたいこと・・・・・ウォンツがたくさんあったから。

そんな話をしてくれました。

あなたの部下たちのウォンツは何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です