第5回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

信頼できる仲間ならどんな仕事でもできる。

信頼できる仲間となら、どんなハードな仕事でもできる。

私はそう思っています。

学生時代にしていたアルバイトでもそうです。

ゴミ屋敷のゴミの回収で、犬や猫の糞にまみれながら、ゴミの分別を行い・・・・・

ゴミの搬出の時には大雨が降り、しかも一軒家の3階から1階まで往復して運び、まるで運動部のトレーニングの様でした。

「もうしんどい!」とは思いましたが、信頼し合った仲間との仕事だったのでメンタル的には平気でした。

仕事が終わってから・・・・・

「今日は最悪やったな!もう足がパンパンや!」と言いながら、楽しく働けたものでした。

社会人になってからもそうです。

新店のグランドオープンの時などは、連日の徹夜続きに現場は目が回る様な忙しさ。

寝不足で食事を口に入れたまま、食べることも忘れて眠ってしまう様な極限状態。

それでも信頼し合った仲間だったので、メンタル的には平気でした。

その時代を過ぎると・・・・・

「あの時には死ぬかと思うくらいしんどかったけど、今となってはあの時が一番楽しかったな!  懐かしいよな!」

なんて、良い思い出になるものです。

逆に、信頼関係のない相手との仕事は、どんなに楽な仕事でも苦になるものです。

これも学生の頃、建築の図面などをコピーするアルバイトをしていました。

注文の電話が入ると原稿をもらいに行き、それを持ち帰り加工をして、再度持って行くという簡単な仕事です。

しかし、そのメンバー間での信頼関係はありませんでした。

人間関係に問題があったのです。

毎日イライラとし、ケンカ寸前のこともしばしば。

楽で面白味のある業務なのですが、会社そのものが苦痛になってしまったのです。

そして退職。 私もやはり、人間関係を理由に仕事を変えた経験をしているのです。

学生時代のアルバイトもよく考えると、目的があって退職する時以外は、本当に人間関係が理由で辞めていました。

ということは、やはり自社でイキイキと働くためには人間関係や信頼関係、すなわちラポールの形成が大切だということではないでしょうか?

「なぜ?この仕事ができないのか?」 そう思う前に、チーム内のラポールが形成されているのか?

それが先に取り組むべきことなのかもしれません。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です