第18回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<信頼される人になれ>

信頼蓄積理論(信頼ポイント)という考え方②

前回からの続きです。

今回は、具体的な話をしていきましょう。

あなたが遅刻をして出勤をしてきたとしましょう。

少しお寝坊をして遅れてしまったのです。

その時に叱られました。

叱ったのはあなたが尊敬する上司です。

信頼ポイントが高く、この人について行こう!と強く思っている上司です。

少しきつい口調で、

「最近、気がたるんでるんやないか!みんなに迷惑掛かってるやろ!気をつけろよ!」

と指摘されました。

あなたはどう感じますか?

信頼ポイントの高い尊敬する上司です。

きっと、「やってしまった・・・・・今度から気をつけよう!」

そう思うのではないでしょうか?

アドバイスをしてくれた。

私のために言いにくいことを言ってくれた。

申し訳ない。

そう感じると思います。

次に、同じ様に遅刻をしまった時に、ある上司に叱られました。

しかし、その上司の信頼ポイントはマイナスです。

尊敬どころか不信感を抱いています。

隙があればさぼろうとし、ミスがあれば部下の責任にする様な上司です。

あなたはまったく信頼していないその上司に、前記と同じ様に少しきつい口調で、

「最近、気がたるんでるんやないか!みんなに迷惑掛かってるやろ!気をつけろよ!」

と指摘されました。

その時にどう感じますか?

「あんたに言われたくないよ!」

「あんたも無断でいなくなったり、平気で遅刻をするくせに!」

「悪いのは分かってるけど、あんたにそれを言う資格はないよ!」

なんて感じるのではありませんか?

不思議ですね。

同じことを同じ口調で指摘されたのに、片方はアドバイスだと素直に受け取り、片方は気分が悪く逆切れしてしまいそうになる。

それはなぜなのか?

それは、次回お話ししたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です