自社の社風を作っているのは誰なのか?

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


「うちの会社はこんな社風なんです。」

それが残しておきたい社風ならOKです。



そうではなく、今後改善していきたい社風の場合。

「うちは新しいことをしない社風なんです。」

「うちは社長に対して提案しない社風なんです。」

「うちは挑戦するリスクを負わない社風なんです。」

これは問題です。

が、この社風を作っているのは誰なのでしょうか?

社長が会社として、

○新しいことをしてはいけません!

○私に提案してはいけません!

○新しいことに挑戦するリスクを負ってはいけません!

などと一言も言っていない。

なのに、そんな社風になっている。

「うちの社風は・・・・・・・・・・」と語る従業員が、その上司や先輩の行動を見て、それに慣れてしまっているだけ。

それが社風になっている。

その社風・・・・・・誰が作ったのか?



そして、少しずつ社風が変わってきた時の言葉。

「少しずつ社風が変わってきました。」

その社風を変えているのは誰なのか?

誰が作ったのか?・・・・・それは自分たち一人ひとりであることを忘れてはならないのです。

主役はあなた方一人ひとりなのです。

あなたはその主役であることを自覚していますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です