人の好きや嫌いで仕事をしない

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


職場には、好きな人もいれば嫌いな人もいるでしょう。

人間ですから当然だと思います。

チームなんだから、全員のことを好きになりなさい!とは言えないと思います。

ただ、好きや嫌いで自分の言動を変えてはいけないと思っています。

「好きや嫌いで仕事をしてはいけない!

 常にチームにとって良いのか?悪いのか?で判断しなさい!」

新入社員の頃によく言われました。

しかし、残念ながら、好きや嫌いで仕事をしている人もいます。

それが上司だと、かなり面倒なものですね。

嫌いな部下が話し掛けているのに無視をしたり・・・・・

質問に対して明確な回答を出さずに放置したり・・・・・

不機嫌な顔で対応したり・・・・・

パワハラですよね!

嫌いな部下だからといって無視をしている姿は、女々しくて無視をしている人の方が哀れでかっこ悪いですよね。

概ね、本人にはその自覚はない様です。

無意識の行動なのかもしれません。

幼い頃に、無視をしていると誰かが声を掛けてくれたのかもしれません。

機嫌の悪い顔をしていると、誰かが気遣ってくれたのかもしれません。

そんな、「私のことを見てよ!」という幼い頃の戦術を、大人になっても駆使しているのでしょう。

残念ながら、大人になってからは子どもの頃のやり方は通用しません。

やがて、そういう上司はパワハラで訴えられるか?

他部署に異動していくのだと思います。

あなたは、そんな上司ではないと思います。

そこには、好きだとか嫌いだという感情があるだけです。

そう感じているだけですので、その感情を抑える必要はないと思います。

かつて、こんなことを言っている人がいました。

「嫌いな人といる時は、ああ、俺はこいつのことが嫌いなんやな~!と見てるんです。

 そうそう、こういう発言するところが嫌いやねんな!

 ああいう対応するところが嫌いなんやな~!

 やっぱり、俺はこいつのこと嫌いなんやわ!」

と・・・・・

そう思うことによって、自分のことを客観視できて、感情に振り回されることがなくなったそうです。

あなたは人の好きや嫌いで、仕事をしていることはありませんか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です