第39回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<信頼される人になれ>

法則① 自分が自分の人生の主人公になる(自分に矢印を向ける)

可能性があるのは過去ではなく未来だから①


未来的視点を持つ2つ目の理由は、可能性があるのは過去ではなく未来だからということです。

例えば・・・・・

恋人がほしいと思っている男性がいたとします。

彼には以前から好きな女性がいました。

一年程前に告白をしたことがあります。

残念ながら、その時は振られました。

それ以後は友達としてのおつき合いをしています。

けれど、彼女への熱い想いは以前のままです。

もう一度告白してみようか?

そう考えた時に、

「以前に告白をして振られたのだから、今回も振られるに決まっている。
 告白をするのはやめておこう。」

という過去的視点での考えがあります。

また、

「以前は告白をして振られたけれど、今回は良い返事をもらえるかもしれない。
 思い切って告白してみよう。」

という未来的視点での考えがあります。

さて、どちらがその男性に恋人ができる可能性がありますか?

ということです。

つき合えるかどうかは分かりません。

ひょっとすると、また振られるかもしれません。

けれど、つき合える可能性があるのは未来的視点の考えです。

可能性のない人生を選ぶか?

可能性のある人生を選ぶか?

誰もが可能性のある人生を選びたいのではないでしょうか?

しかし、しつこすぎるのはストーカーになってしまいますから、そこは注意して下さいよ!(汗)

どうしても駄目な時は潔くあきらめて、別の可能性を追求しましょう。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です