スタッフ面談は目的別に!

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


スタッフ面談はしていますか?

これは重要な仕事の一つです。

以前、あるパチンコチェーン店で面談用紙を使って、スタッフ面談を実施している会社がありました。

・今月の目標

・結果

・その原因

・来月の目標

スタッフの業務面のフィードバックのための面談です。

その会社は店長が社員の面談。

主任がアルバイトスタッフの面談を行なっていました。

ある主任が、初めてスタッフ面談をすることになりました。

その時に店長が主任にこんなアドバイスをしていました。

「こんな形式的な面談は、現段階では意味がないから。

 本社の人間もスタッフ教育のために、一生懸命に考えた面談用紙やけど・・・・・

 スタッフとは業務の目標とかそんな話はせんでいいから。

 もっと個人的な話をしてな!

 彼女はどうや?

 とか、上手くいってるか?

 とかな。

 自分の個人的な話もして、最終的に個人的な相談を主任にしてきてくれたら最高やな!

 その段階になったら、目標とか定めてやっていけば頑張ってくれるわ。

 今の段階で目標を定めても、上辺だけの面談で終わるから。

 休憩室で話しにくかったら、喫茶店に行ってもええから。」

そのアドバイスを受けて、主任は腹をコーヒーでダボダボにしながら面談を続けたのです。

数ヶ月後は、面談用紙が活用されるようになっていました。

そして、最初の面談で話をしていた様な個人的な話は、雑談の中でされる様になっていたのです。

その数年後には、その主任は店長へと昇格していました。

また、就職で辞めていったスタッフが、挨拶に来てくれたり・・・・・

就職した会社での悩みを相談に来てくれたり・・・・・

スタッフ同士が結婚をした時に、披露宴に招待してくれたり・・・・・

紆余曲折しながらも、その店長の下で働きたいと就職を希望してきてくれたり・・・・・

今でこそ、1on1など、様々な手法が世に出てきていますが、そういったものが出てくる前から、チームをまとめているリーダーは頻繁に目的に応じた面談をしていました。

考えの押し付け面談や、お説教面談、業務管理面談や目標管理面談で、あまり効果がない様ならば、それ以前の土台を固めてみるための面談をしてみてはどうでしょうか?

さて、あなたはどの様な面談をしていますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です