第46回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

5月30日(土)31日(日)に開催する合宿研修です。

“もう「苦手なんて言わせない!

 楽しみながら育む「コミュニケーション能力」”

資料をダウンロードしていただき、お申し込み下さい。

https://synergy-ark.com/gassyuku1.pdf

<信頼される人になれ>

法則① 自分が自分の人生の主人公になる(自分に矢印を向ける)

面白(おもろ)かったらええねん

私には行動基準があります。

経営理念で言う“バリュー”に当てはまるものです。

それは

“面白(おもろ)かったええねん!”

という基準です。

例えば、飲み会に誘われた時に、面白そうだと感じれば参加し、そうでなければ参加しません。

研修やセミナーの受講をする時もそうです。

どこかに出掛ける時もそうです。

コンサルの依頼もそうです。

新しい試みの場合も、面白そうなら引き受けますし、そうでなければお断りします。

面白そうかどうかは、頭で考えるのではなく心に聴く様にしています。

自分の心はどう感じているのかな?

直感というやつです。

また、その直感を感じることができない時もあります。

迷ってしまうのです。

その時にも行動基準があります。

“動く方を選ぶ!”

というものです。

参加するかしないか?で迷った時は参加するのです。

会うか会わないか?で迷った時には会うのです。

行くか行かないか?で迷った時には行くのです。

この行動基準はふざけている様に感じるかもしれませんが、私の実体験では人生を良い方向に導いてくれます。

人生が変わっていくことが実感できるのです。

この行動基準に背くと、後で悔やんでしまうことが多いのです。

遠方での忘年会の誘いを、参加するかどうかで迷った末に参加しなかったことがあります。

後日、忘年会の参加者を聞くと、私のいつか会いたいと思っていた人が参加していた・・・・・なんてことがありました。

そういった行動基準を自分で持つことをおすすめします。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です