第49回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

5月30日(土)31日(日)に開催する合宿研修です。

“もう「苦手なんて言わせない!

 楽しみながら育む「コミュニケーション能力」”

資料をダウンロードしていただき、お申し込み下さい。

https://synergy-ark.com/gassyuku1.pdf

<信頼される人になれ>

法則① 自分が自分の人生の主人公になる(自分に矢印を向ける)

自分と過去は変えられる③

世の中で大成功をおめたり、偉人と言われる人々は過去の挫折や失敗、裏切りにあったことをこんな感じで発言しています。

「あの出来事がなかったなら、今の私はなかっただろう。」

「あの裏切りが私を成長させ、人を見る目を養ってくれた。」

「あのどん底があったから、私は気づきを得て事業を成功させることができた。」

「あの挫折が、私を強くしてくれた。」

「その失敗がなければ、今の私はありません。」

どうですか?

あなたは、他人や過去を変えることはできません。

しかし、自分と未来を変えることはできる。

リーダーとして、試練に立たされているあなた。

自分と自分の未来を変えて、今の苦しい状況を、

“あの苦しい状況があって良かった!”

そう言えるリーダー、そんな未来の自分になって下さい。

この章の最後に、ロンドンにあるウェストミンスター寺院の墓に刻まれた言葉をご紹介します。

その寺院は国王や政治家といった、多くのリーダーたちが埋葬されている寺院です。

その中の墓の一つにこんな言葉が刻まれています。

“まだ若く、自由で限りない想像力を持っていた頃、
 私は世界を変えることを夢見ていた。

 成長して知恵がつくにつれ、世界が変わることはないであろうということが分かり、
 視野をやや狭めて、自分の国だけでも変えようと決意した。

 しかし、それさえも変化することはない様に思えた。

 晩年になって、最後の試みとして、せめて私に最も近い存在である
 家族を変えることで我慢しようとしたが、哀しいかな、それも叶わなかった。

 そして今、死の床に就いて、突然私は気づいたのだ。

 もし、私がまず自分自身だけでも変えたなら、
 それを模範として家族を変えられたことだろう。

 そして、彼らのインスピレーションと激励によって、自分の国を改善できただろう。

 そうすれば、ひょっとすると、私は世界さえ変えることができたかもしれない。”

あなたがリーダーとして、自分の人生の主人公として活躍できます様に!

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です