部下にヒヤヒヤする上司というリーダー

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


今日はあるパチンコ店の部長さんの一言をお話します。

とても心に残り、凄く共感した言葉だったのでよく覚えているのですが、その言葉は、

「なんか学芸会の子供の劇を見てる心境やわ!ヒヤヒヤするーー!!」

というものでした。

なんのこっちゃ!?という感じでしょうか?

では説明します。

それはとあるパチンコ店のリニューアルオープンでの場面です。

その店長は初めて経験するリニューアルオープンに、かなり緊張していました。

現在の様にお客様に整理券を配って並んでもらっているのではなく、来店された順にならんでいます。

並び方や入場の段取りは、細かく打ち合せを行なっていましたが、ここまで大多数のお客様が並んでいるのを誘導するのは初体験でした。

お客様が走ったりせずに、スムーズに誘導していかなくてはなりません。

また、台取りや割り込みも管理し、何のトラブルも無い様に徹しなくてはいけません。

店長も緊張しながら、インカムで部下に指示を出しています。

全体に指示を出している店長の上司である部長は、その様子を事務所のカメラモニターから見ていたのです。

モニターを見ながら、「他の入口にもスタッフを立たせてるんか?」「アルバイトにこの指示は出しているのか?」と、ブツブツ独り言を言っています。

やがて入場が始まります。

5人単位での入場です。

「落ち着いて、走らずに入場して下さい!

 遊技台が決まればご着席下さい!

 オープンまでは席を離れない様にお願いします!

 空台に置かれたタバコやハンカチは、即撤去致しますのでご着席下さい!」

というマイク放送が事務所にまで聞こえてきます。

部長をよく見ると、インカムを付け台鍵までセットしている状態で、モニターをずっと見ています。

トラブルは無く、少しずつ入客が進んでいます。

その途中に発せられたのが、

「なんか学芸会の子供の劇を見てる心境やわ!ヒヤヒヤするーー!!」

だったのでした。

リーダーって、そういうものなんだなと思いました。

最悪トラブルがあって対応しきれない状態なった時には、自らが出て行ける準備をしつつ、部下の経験のために全てを任せやらせてみる。

やっている最中には抜けが無いか?失敗はしないか?とヒヤヒヤしながらも、口出しをせずにただ見守っている。

よく指示だけをして、後はほったらかしというリーダーがいます。

でも本当のリーダーは、指示を出した後はその部下の父親の様な心境で、部下を見守っているものなんですね。

セリフを忘れたりしないか?舞台に出るタイミングは?次の演技は大丈夫か?・・・・・と。

実は、そのリニューアル初体験の店長とは私のことで、私の立場で部長を見ていたのはとある業者の方だったのです。

リーダーのそんな部下に対する想いは、何らかの形で部下に届くものなんですよね!

あなたも部下に対して、ヒヤヒヤする父親の気持ちになっていますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です