第54回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<信頼される人になれ>

法則② 自分が仲間の人生の名脇役になる
(仲間の「大切なもの」を大切にする)

仲間との約束

仲間との“約束”を大切にしましょう!ということですね。

そんなことは当り前だと思うのですが、ついつい約束を守れていないことがあるのも人間です。

おそらく、約束を守らなかったことがないという人はいないのではないでしょうか?

大きな約束は守れていても、小さな約束は守れていない。

そんなことがあります。

上司から依頼された業務の期限が守れなかった。

ちょっと現場でトラブルがあって・・・・・と思っていても守れなかったものは守れなかったのです。

「来月は食事に行こう!」と言いながら、日常に流されて忘れてしまっていた。

ミーティングの時間に少し遅れてしまった。

あるいはミーティングで決めたことを実行しなかった。

子供に対しても、次の休みは公園に行こうと言いながら疲れて行かなかった。

家族で食事の約束をしていたけれど、急な仕事が入って行けなかった。

思い起こせば、部下との約束を守れていないこともありました。

新しい担当業務を任せる時に、一通り説明をした後、「しばらくは一緒にやっていこう!」

と言いながら、それ以降は放置状態で任せっきりだったこともあります。

「しばらくは一緒にやっていこう!」というのは立派な約束だったのです。

その約束を守らなかったので、私の信頼ポイントは引き出されてしまっていたわけです。

また、携帯電話が普及してから、待ち合わせの時間に遅れることが、約束を守れていないのだという感覚が薄くなってしまっている気がします。

「後5くらいで着くから!」と電話をしたりされたりすることがあります。

昔なら携帯電話などないので、時間がずれると会えないことがあるので、時間通りに行動していました。

今は平気で約束を守らなくなってきている気がします。

お互いに信頼ポイントの貯金があればいいのですが、初めて会う人や信頼ポイントの貯金のない人には気をつけなければなりません。

約束を守れば、信頼ポイントの貯金が増えています。

逆に守らなければ、信頼ポイントの貯金は減っていくのです。

リーダーとして、仲間との約束は守っていきましょうということですね。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です