仕事と作業のちがい

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


今日は新入社員の方に読んでもらいたい内容になります。

私が始めて社会人になった時に、パチンコ店の研修で厳しく教育された時の話をします。

その会社は、初の新卒採用ということで、半年以上に渡り研修期間が組まれていました。

パチンコ部門の各店やその他の部署でも2週間単位で勤務し、その間に問題点を見つけ改善策を練り、事業部長に提案(プレゼン)をするという流れでした。

ポイントポイントで、人事部の研修官とミーティングを行ないアドバイスをもらうのですが、その時に私の頭に刷り込まれたことがありました。

それは・・・・・

「蔀、現場の仕事はどうや?頑張ってるか?」

「はい!

 初めての経験ばかりで失敗もありますけど、楽しく頑張っていけてます。」

「そうか・・・・・

 現場では何を頑張ってるんや?」

「日々お客様との対応ですね。

 札をさしたり、箱を交換したり、玉を運んだり・・・・・」

「昨日はそう頑張ってきたんやな?

 じゃあ、明日はどう頑張っていくんや?」

「・・・・・同じですけど・・・・・」

「頑張ってるのかもしれんけど、同じ繰り返しをしてるということは、仕事をしてないっていうことやからな!」

「・・・・・?」

「同じ繰り返しをしてるっていうのは、作業はしてるけど仕事はしてないっていうことや!」

「・・・・・?」

(言い訳ですが、社会人になりたての、まだまだ学生気分の抜けない状態でしたので、ホールで頑張って働いているのに「仕事をしていない!」と言われた時には、その意味が全く分からず、腹を立てたりしていました。)

「今ある状態のものを、そのまま繰り返すのは作業。

今ある状態のものを、もっと精度が上がる様にレベルアップさせていくことが仕事。

 分かる?

 世の中には完全なものはないんや。

 だから今あるものは全て未完全。

 その未完全なものの課題を見つけて、さらにレベルを上げていくのが仕事。

 一生辿り着けないかもしれない完全に、少しでも近付けるのが仕事。

 今日お客さんのクレームに対応して、何とか納得してもらえたなら、次はそのクレームが出ない様にするにはどうしたら良いのか?を考えて実行していくのが仕事。

 分かる?」

「はい。」

「現場に入りっ放しになると、作業だけをずっとして、仕事をしているつもりになるから!

 常に自分の仕事を意識して働かんとあかんぞ!」

「分かりました!」

と、いうことでした。

新入社員の方は、現場での作業をひと通りマスターした後は、改善!改善!改善!で、現状をどんどんレベルアップさせていきましょう!

あなたの会社の新入社員は、自らの意見を持って改善提案の発言をしていますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です