理解できなくて当然

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


部下の気持ちが分からないと、頭を抱えている上司がいます。

今の若者の価値観が分からないと、嘆いている大人がいます。

分からない!

分からない!

何を悩んでいるのですか?

分からなくて当然なのです。

分からないのに分かろうとするから、余計に分からなくなるのです。

まずは、お互いの価値観や考え方が異なっていることをシェアすることから始めませんか?

子供の頃に親や先生から言われた言葉があります。

「人の気持ちを理解しなさい!」

これは大切なことではありますが、理解はできないものです。

感じ方は人それぞれですから、自分なら悲しいと思うだろうと想像はしても、その人は悲しくはないかもしれません。

自分なら気にならないと思っていても、その人は腹を立てているかもしれません。

相手の気持ちを分かっていないのに、「分かるよ!」なんて言葉にすると軽い人だと思われるかも知れませんよ。

親身に考えてくれていないと思われるかもしれません。

確かに近い価値観や、近い感性はあるでしょう。

私には、女性の価値観や感覚が分かりません。

男性に抱かれたいとは思わないですから。

あなたが男性だとして、男性に抱かれたいという気持ちが分かりますか?

逆に女性の方は、女性を抱きたいという気持ちは分かりますか?

多くの人は分からないと思います。

が、分かる人もいます。

そういう人もいます。

それらには良いも悪いもありません。

「なぜ、男に抱かれたいと思うんだ~!?

 理解できない~!」

だから、人それぞれですから、無理に分かろうとすること自体が無理なのです。

察するくらいでしょうか?

良いも悪いも、正しいも間違いもない価値観や感性です。

私とあなたは違うんですね!

あなたはそうなんですね!

私はこうなんですよ!

相手を変えようと思うこともなく。

自分が変えられることもない。

そんな関係性を築くことが大切なのかもしれませんね。

あなたは、自分の価値観を正しい基準として、人を見ていることはありませんか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です