第61回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<信頼される人になれ>

法則② 自分が仲間の人生の名脇役になる
(仲間の「大切なもの」を大切にする

仲間の「大切なもの」を大切にするということは?③

そう言えばこんなことがありました。

当時、私は店長でした。

ある女性スタッフが、趣味でコスプレをしているという話になったのです。

今でこそコスプレはメジャーなものになり、コスプレイヤーの数もたくさんいますが、当時はコスプレというものが出始めた頃だったと思います。

その女性は大人しく、とても控え目なタイプのスタッフでした。

人前に出るのも好きではなさそうなイメージがありました。

そのスタッフがコスプレをするという話に、私はとても関心があり色んな話を聴きました。

というのは、以前にゲームセンターフロアを貸し切りにして、コスプレイヤーを集めたイベントを開催したり、ライブハウスを借りてコスプレダンスパーティーを開催したことがあったからでした。

どんな衣装を持っているの?

衣装は自分で作っているの?

どんなイベントに参加しているの?

どれくらいの人が集まるの?

コスプレの魅力って何?

みたいな感じで質問をすると、彼女も色んな話を聴かせてくれました。

コスプレをしている写真を見せてくれたり、イベントではこんなことをするんだ!という話を。

大人しいタイプなのに、目をキラキラ輝かせながら話をしてくれました。

その話が他のスタッフにも広がり、彼女は話題の中心になるほどでした。

また、自店でもコスプレイベントをしよう!という時には、彼女が中心になり衣装を作ったり購入したり・・・・・彼女がそのイベントのリーダーの様な立場に立ったのです。

そして、とても楽しそうに働いてくれました。

あの大人しそうな彼女が、話の中心になって盛り上がっている。

私は彼女の「大切なもの」を大切にしようという意識はありませんでした。

たまたま、大切にすることができただけです。

それでも彼女は、自分の「大切なもの」を大切にしてもらえて嬉しかったのでしょう。

このことだけでも、チーム力が確実にアップしたのでした。

あなたは仲間の「大切なもの」を知っていますか?

また、その「大切なもの」をあなたが大切にするために、どんな行動を取ることができますか?

そんなことを考えるのも、リーダーの大切な役割なのかもしれませんね。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です