第64回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<共感される人になれ>

共感される人・・・・・②

ある店長のお話をします。

当時、私はその店長にとても共感していました。

その店長と私は前の勤務先の部長と主任でした。

部長職まで昇進しながら、ヘッドハンティングをされて転勤してきたのです。

その時に私も呼んでもらったわけなのです。

当時、その店長は40歳くらいだったと思います。

勤務は朝9時から深夜の3時。

連日睡眠時間が3時間・・・・・休憩もなかなか取れず。

そんな状態の時に店長がよく話していたことがあります。

それは・・・・・

「俺はもう40歳や。

 チャレンジするのはこれがラストチャンスやと思ってる。

 俺はこのチャンスに懸けるんや。

 あかんかったら俺もそれまでや。

 でも、絶対成功する。

 一店舗目を成功させて、業務を安定させたら二店舗目のオープンに取り掛かるんや。

 それでどんどんチェーン展開をしていくんや。

 今おるメンバーは全員が幹部や。

 今は誰よりも働いとる。

 でも、将来的には高い給料をもらって休みももらって、誰よりも遊ぶ社員になるんや。

 家族を連れての社員旅行もするぞ。

 俺らは誰よりも働いて、誰よりも遊ぶ人生を築くんや。

 今はしんどいけどな。

 乗り越えようぜ。」

という話でした。

仕事が終わってから、食事をしながら話していたものです。

私たちチームのメンバーは、その言葉に共感し、この人についていこう!この人に自分の人生を懸けてみよう!そう思ったものでした。

この店長の言葉が、

「ヘッドハンティングされたんやから、今は睡眠時間を削ってでも仕事をせなあかんぞ。

 答えをきっちりと出して、認めてもらわなあかんねや。」

という様な、「しなければならないこと」を語られていたなら、私たちは苦しみから逃げていたかもしれません。

そうではなかったのは、やはり店長の心の底から湧き出てきた情熱だったからです。

この様に、人が共感するのはその人の情熱や想いなのです。

会社から与えられたノルマや課題ではありません。

心の底から湧き出る情熱。

そして、その情熱の影響を受けたその人の生きる姿勢なのです。

リーダーとしての、あなたの姿勢はどうでしょうか?

どんな姿勢の人が共感されるのか?

そのあたりを掘り下げていきたいと思います。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です