第65回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<共感される人になれ>

自分を高める人

まずは“自分を高める人”です。

世の中には自分を高めようとしない人が多くいます。

彼らの言葉はいつも・・・・・

「部下の能力が低いから!」

「部下が育ってこないから!」

「上司が無能だから!」

「会社の風土が悪いから!」

と周りにばかりに目が向けられています。

自分を高める人はその反対です。

常に自分と向き合っています。

言葉を言い換えると、自分と向き合う勇気を持っています。

自分を見つめるということは、自分の長所も短所も受け入れ、自分そのものを成長させようと努力をすることです。

だから、痛いのです。

自分自身と向き合うということは、自分の欠けているところを認めることなので痛いのです。

多くの人はその痛みを感じたくないために自己防衛に走るのです。

「・・・・・だから」という理由付けをするのです。

これは自分自身を守るための本能でもあります。

自己防衛本能が働くのです。

それに甘んじて成長することをやめるのか?

それに甘えず成長することを目指すのか?

人はその人が優秀だから共感するのではないのです。

その人が成長しようとする情熱に共感するのです。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です