第78回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<共感される人になれ>

器の大きな人①

人は学び成長と共に変わっていきます。

進化するという表現の方が良いかもしれません。

しかし、自分の性質はなかなか変わらないものです。

性質とは生まれ持った気質のことです。

涙もろい気質。

燃えやすく冷めやすい気質。

人情味のある気質。

負けず嫌いな気質。

大らかな気質。

生まれつきの、“性質(たち)”という表現の方が分かりやすいかもしれませんね。

その性質というのは、“自分らしい”面なのかもしれません。

また、無理に変えてはいけない面でもあると思います。

性質を無理に変えようとすると、その反動があります。

良い人を演じ続けて、ストレスがたまり罪を犯してしまったり・・・・・

急にやる気がなくなり、無気力な状態から抜け出せなくなったり・・・・・

人間の心も物と同じで、力を加えるとそれに対して反発しようとする力が働きます。

それを無理に抑えると、精神の健康に影響が出てしまうのです。

でも、人として成長して変わっていかなければ・・・・・

学べば学ぶ程そう思うものです。

未熟な自分を成長させたい。

もっともっと、リーダーとして相応しい人間になりたい。

自分を高めようとする意欲のある人ほど、その矛盾した状態に陥ってしまうことがあります。

そういう状態の人には、この言葉を贈りたいと思います。

“性質は変わらない!

 けれど、人格を高めることはできる!”

人格とは人間性のことですが、私はそれぞれが持っている器の大きさのことだと解釈しています。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です