第79回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<共感される人になれ>

器の大きな人②

人には器があります。

人は人生を通じて、その器を満たしていきます。

器の中身をいっぱいにしようと頑張ります。

それと同時に、器を大きくしていきます。

より多くのものが入るために、器を大きくしていきます。

大きくするために、自分自身を磨いていくのです。

大きくなった器に、更に多くのものを入れていきます。

どれくらい器を大きくできたのか?

その器をどれくらい満たすことができたのか?

それが豊かな人生のバロメーターなのかもしれませんね。

では、器を大きくするとはどういうことなのでしょうか?

それは受け入れる範囲が広くなることなのだと思います。

自分の人生で起きた様々な出来事を、受け入れるキャパシティが広くなるということです。

受験で失敗したという事実。

大好きな異性に振られたという事実。

就職活動でなかなか内定がもらえないという事実。

体があまり丈夫ではないという事実。

配属先がここに決まったという事実。

上司から激しい口調で指摘されたという事実。

なかなか成長しない部下の上司になったという事実。

そういう事実を受け入れること。

その受け入れる範囲が広くなることが、器が大きくなることなのではないでしょうか?

そして、受け入れた上で実際に行動に移していくこと。

それが器を満たしていくことです。

自分はリーダーとして、どれくらいの大きさの器を持っているのか?

そして、その器をどこまで満たすことができるのか?

リーダーとしては腕の見せどころです。

それらを意識して、人格を高める努力をしている人に、人は共感するのです。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です