第81回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<共感される人になれ>

理念のある人②

かつての私の上司である店長は、こんな理念を持っていました。

「ミッション」

・現メンバー全員が会社の幹部になる。
 どこよりも高い報酬と、豊かな私生活(家族との生活)を実現する。

・時代に乗っ取った新しい事業を展開し、力のあるものは独立起業していく。

・出会ったメンバーとは永遠に仲間として、一生の友としてつながっていく。

「ビジョン」

・一店舗目の店を成功させる。

・1年で軌道に乗せて二店舗目を出す。

・3年以内に三店舗目を出店し、年間一店舗の出店を実現する。

・10年後に十店舗。

・本社機能の確立。

・20年後に二十店舗。

「バリュー」

・24時間体制で働く。

・出店資金を貯めるために贅沢はしない。

・業界初の取り組みを行う。

・メンバー同士助け合う。

・成功するまであきらめない。

・困難を楽しむ。

・ラーメン屋で夢を語る。

今思えば、こんな感じだったということです。

上司が自分の「ミッション」はこうであると語ったわけではありません。

ただ、普段の会話の中で、それが意味することを語っていたということです。

自分たちはどこに行こうとしているのか?

そのために、近い将来はどういう姿になっていないといけないのか?

そのために、今、すべきことは何なのか?

それが、全メンバーの中で共有されていたということです。

その理念に共感し、また、その理念を掲げる上司に共感していたのです。

リーダーは旗を振る立場です。

どこに向かって旗を振るのか?

これもリーダーにとって、大切なものなのです。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です