第88回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<共感される人になれ>

淡々と生きる人

江戸時代の禅僧に、良寛さんという方がおられました。

良寛さんの有名な言葉がこちらになります。

“災難に遭う時は 災難に遭うがよく候

 死ぬ時は 死ぬがよく候

 これはこれ 災難を逃がるる 妙法にて候”

人の迷いや悩みのほとんどは、まだその状態になっていないことに対して、心配して思い詰めていることがほとんどです。

受験に失敗したらどうしよう?

転勤になったらどうしよう?

事故にあったらどうしよう?

失敗したらどうしよう?

お金が無くなったらどうしよう?

今は何も起こっていないのに未来のことで悩んでいる。

そんなことで悩む必要はなく、今やるべきことをきっちりとやっていればそれでいい。

ということです。

例えば・・・・・地震もそうです。

地震は恐いです。

来てほしくありません。

けれど、地震が来たらどうしようと、日々ビクビクと生きていても、地震が来る時には来ますし、来ない時には来ません。

地震の備えと準備をしたなら、余計な心配をして苦しむ必要はないということなのです。

後は天命を待つのみです。

リーダーも同じです。

やれるだけのことを、ただ淡々と取り組んでいる。

まだ来ぬ未来を、不安がったり怯えたりすることなく淡々と今を生きる。

そんな姿勢に人は共感するのではないでしょうか?

そして、その共感の輪を広げていくことこそが、チームの輪を広げていくことになるのです。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です