第89回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<やる気エネルギー「かい・えん・たい」を注入する人になれ>

チームを作る土台は自分自身になります。

会社全体で見れば、自分自身というのは社長です。

事業部で見れば、事業部長や人財育成を担当する方が、自分自身の立場になります。

店舗単体で見れば、店長がその立場になります。

組織やチームを構築する場合、核になるのは自分自身です。

そう、リーダーの立場にいるあなたです。

あなたが常に学び、成長することが基本中の基本なのです。

リーダーが成長しようとしないチームで、メンバーが成長しようと思うわけがありません。

基本中の基本です。

その基本の上に、メンバー同士をくっつける接着剤になるのが、「信頼」「共感」という人の感情です。

(もちろん、それ以外にも要素はたくさんありますが・・・・・)

ここまで、メンバーとの信頼関係を築き、共感されるリーダーになるための話をしてきました。

この「信頼」と「共感」を得ることで、人の集団がチームに成り得ます。

その2つの土台がない自分自身がリーダーになっても、名ばかりのチームとなり、何も実現できずに終わってしまう可能性が高くなります。

メンバーに信頼され、共感されることによって、チームとして成果を出す可能性が高まってきます。

その状態を作った後に、メンバーに対して3つのポイントを注入することで、チームが動き出すことができる様になります。

3つのポイントとは「かい・えん・たい」です。

「かい」とは「快感」のことです。

「えん」とは「演技指導」のことです。

「たい」とは「大義名分」のことです。

これからは、この3つのポイントを解説していきます。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です