上司により様々な面談が・・・・・

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


社員面談の必要性や、役割に関しての説明はしませんが・・・・・

今日は多くの方が実施しているであろう?面談についてのエピソードをお話します。

私が一般社員の頃に、様々な店長に面談をしていただきました。

店長によって、面談の内容は様々で個性がありました。

何のために面談をしているの?と思ってしまう方もおられましたし、話ができて良かった!と思わせてくれる方もおられました。

その中で、今も心に残っている面談での質問と、その質問をした理由などをご紹介します。

(ケース1)

「蔀は彼女はいてるのか?」

「どこで知り合ったんや?」

「どれくらいつき合ってるんや?」

「浮気はしたことあるんか?」

「最近はどこで遊んでるんや!わしも入れてくれや!」

という、仕事とはまったく関係のない話題の面談です。

その店長いわく、

「わざわざ、会社に言われてしてる面談で、悩みを聞き出せるわけがないやろ!

 それよりも、面談とかで構える以前に、相談に来てもらえないっていうのが店長として力足らずなんや!

 それ以前に相談してもらえるためには、アホな話もしてコミュニケーションをようけ取らなあかんねや!

 せやから、形式的な面談はコミュニケーションを取る時間で、本当の悩みは個人的にちゃんと聞いたらええんや!

とのことでした。

(ケース2)

「面談の前に聞きたいことをまとめといてな!

 仕事でもプライベートでも、困っていることでも何でもええから!」

「じゃあ、面談始めよか!

 はい、どんどん質問して!」

「はいはい、これはああでこうで、それはああでこうで・・・・・」

上司が部下に質問をするのではなく、部下が上司に質問をして、上司がその答えを話すパターンでした。

これは受け手としては良かったですよ。

ちょっとした悩み事や困っていることを、質問するという形でスムーズに相談することができました。

「スタッフ間で派閥がある様なんですが、そういう時はどうすればいいんですか?」

「店長はスランプに陥ったことはないんですか?」

「こんなお客様にはどう対応すればいいんですか?」

「奥さんとは喧嘩とかしませんか?」

などなど。

プライベートな質問をすると、店長の自己開示の場になり、より信頼関係が育まれたと思います。

その店長いわく、

悩みを話しなさいって言うて、誰が話すねん!

 上司が質問しても、正直に答えにくいがな!

 それやったら、逆に質問してもらった方が何でも話しやすいやろ!

 実はこれな!本読んで勉強して実行しだしてん!ガハハハ!」

とのことでした。

あなたは、どんな面談を実施していますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です