第97回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<やる気エネルギー「かい・えん・たい」を注入する人になれ>

※ここでは“演じる”や“演技”という言葉を使いますが、それは嘘の自分を演じたり、優秀ぶったりすることではありません。

私の周りに役者や芸事の修行をしている人が多いので、そういう言葉がしっくりとくるので使っています。

どちらかと言うと、“守破離”の“守”という解釈をして読んでいただけばと思います。

演技指導②

もう一つお話があります。

これは映画化もされたので、知っている方も多いのではないでしょうか?

スタンフォード監獄実験です。

スタンフォード大学で行われた実験なのですが、一般の大学生などを集めて、2つのグループに分け、それぞれの役を演じてもらう実験です。

一つのグループは囚人役で、もう片方は看守役です。

それぞれの役を演じることで、看守は看守らしく、囚人は囚人らしくなるという実験でした。

いくつかのルールに従いながら、2週間の予定で各々の役を演じていきます。

しかし、実験は7日で中止となりました。

それはなぜか?

看守役がどんどんと凶暴になり、囚人役に暴行を加える様になり、拷問を始めだしたのです。

囚人役の人も、虐待される囚人そのままの心理状態になり、抗うこともできず怯えきってしまいました。

そんな危険な状態になったので、実験は中止にせざるを得なくなったのです。

これも演じることにより、そういう人間になってしまうという実例です。

メンバーが演じるとは・・・・・メンバーがリーダーの期待に応えようとすることとも言えます。

メンバーは期待に応えるのですが、プラスの期待に応えると同時に、マイナスの期待にも応えます。

リーダーが自分に対して期待してくれている。

そう感じれば、その期待に応えたいと思います。

期待に応えて喜んでもらいたい。

褒めてもらいたい。

認めてもらいたい。

そんな心理作用が生まれます。

※注 
(周りに褒めてもらうため、認めてもらうためだけに頑張るという意味ではありません。

 周りの目を気にするという意味ではなく、スポーツ選手などが応援されることによって、それ以上の力を出すという解釈でお読みください。)

逆にリーダーから、「こいつはできないな!駄目だな!」と思って指示を出された場合、メンバーはそれを察知します。

何も期待されていないな。

そうなると、無意識にできない自分を演じる様になってしまいます。

マイナスの期待に応えてしまうのです。

人と人とのコミュニケーションは、言語の部分は7%で、非言語の部分が93%を占めていると言われています。

あなたの身振りや手振り、表情や声のトーンで、あなたの本心はメンバーに伝わっているのです。

口先だけの、「頼むぞ!」「頑張れよ!」という言葉だけで、本心では、「こいつは、どうせできない!」と思っていると、メンバーにはそのマイナスの期待が伝わり、それが実現してしまうのです。

ですので、リーダーは、その反対のことをしなければならないのです。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です