失敗からしか学べない

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

「失敗したからと怯むな!!」

「これからどうするか?が大切なんだ!」

これは、ある社長が社員に発した言葉です。

その社員は一大プロジェクトに大失敗してしまったのです。

上手くいかずに、プロジェクトとして営業していて店舗を閉鎖することになったのです。

もちろん、その社員一人が原因で失敗したわけではありません。

プロジェクトチームとしての失敗だったのですが、その社員がプロジェクトリーダーだったのです。

その失敗の経験からしばらく時間が経ちました。

その時に、再度新たなプロジェクトが立ち上げられることになったのです。

社長は、そのプロジェクトリーダーに、その失敗をしてしまった社員を抜擢したのです。

社員は過去の失敗もあり、今度こそは失敗をしてはいけないと気負っていました。

逆に気負い過ぎて、動きが小さくなりチャレンジすることが少なかったのです。

リスクが少なく、失敗する要素の少ないチャレンジばかりを選択してしまっていたのです。

そんな社員に対しての社長からの言葉でした。

「失敗したからと怯むな!!」

「これからどうするか?が大切なんだ!」

その社員はその言葉に助けられ、失敗を恐れず果敢にチャレンジする様になったのです。

社長はその社員の、“失敗した経験”を買っていたのです。

失敗しないと見えないものがある。

失敗したからこそ見えるものがある。

それが成長であり、社員の財産なんだと考えていたのです。

そんな話をされたら、頑張るしかありませんね。

そう言えば、ユニクロの経営者である柳井正社長も、似た様な発言をしていたと思います。

グループ会社を任せていた社員がいたのですが、その会社が倒産することになったのです。

その時に任されていた社員が、責任を取るということで辞表を提出したそうです。

その時に柳井正社長は、こう言ったそうです。

「お金を返して下さい!」

と。

何億円というお金を使って失敗したからと言って逃げるんじゃない!

その失敗から何億円分もの学びを手に入れたんだろ!

損したお金を取り戻すために、会社に残って尽力しなさい!

そういう意味です。

単にケチで「お金を返せ!」と言ったわけではないのです。

その社員は会社に残り、再度グループ会社を立ち上げ見事成功させているそうです。

失敗から学ぶことは多いんですよね。

先の社長も、ユニクロの柳井正社長も、創業者ですから、私たちの想像を絶する失敗もしているのだと思います。

失敗した従業員程育つものですよ!

あなたは部下に失敗から学ばせていますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です