第99回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<意識の変容を促す仕組みを作る人になれ>

社会人の青春!

チーム作りの流れは・・・・・

まずは、リーダー自身が自己成長に努めることが大前提になります。

そして、部下から信頼されることと共感されることで、チームとして結束することができます。

そのチームで走るためには、“かい・えん・たい”が必要になります。

心のエネルギーですね。

そういう流れでチームを作っていくのですが、最後に必要なのは実際に走ることです。

それがなければ、チームを形成した意味がありません。

その走るということが、プロジェクト活動になります。

プロジェクトには、大きなものから小さなものまであります。

経営理念の策定・人事制度の策定・現場力強化・接遇強化・店内美化・・・・・

現場力強化プロジェクトを例に話を進めていきましょう。

全店舗からメンバーを選定し、全社的な取り組みとして行います。

その活動のプロセスが、人を育てるプロセスになります。

課題を解決しながら、人を育てるプロセスにするのです。

1.困難な課題が出現し、

2.その課題を解決すべくチームが結成されます。

3.挑戦を開始すると、

4.試練の日々が続きます。

5.その試練を乗り越え、目標を達成させることにより、

6.社内に多くの英雄が誕生し(人が育ち)、組織が活性化されるのです。

あなたはそのプロジェクト活動の中で、プロジェクトリーダーのメンターとしての動きが、非常に重要になってきます。

答えを与えるのではなく、答えまで導いていく立場です。

それらを、課題を解決しながら継続するということが、プラスのスパイラルそのものになるのです。

その活動には、学生時代の部活動と同じ人が育つ要素が詰め込まれています。

学生時代にこんな経験はりませんでしたか?

初めての経験・・・・・恋愛をした・・・・・失恋をした・・・・・傷心している時に友達に支えられて立ち直った・・・・・告白をして彼女ができ飛び上がる程喜んだ・・・・・部活動をした・・・・・試合に勝って達成感を味わった・・・・・試合に負けて悔し涙を流した・・・・・スランプに陥り退部しようかと迷った・・・・・葛藤が続いた・・・・・同じ部員に支えられた・・・・・挫けそうな部員の支えになることができた・・・・・などなど

そんな経験を積みながら、大人へと成長し卒業していったと思います。

社会人になっても人が育つ要素は同じです。

経験・・・・・挑戦・・・・・葛藤・・・・・挫折感・・・・・達成感・・・・・仲間からの支援・・・・・仲間への支援・・・・・などなど

それを社内において何度も経験していける仕組みを作る。

まさしく社会人の青春!ですね。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です