第101回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<意識の変容を促す仕組みを作る人になれ>

【プロジェクト始動:②ヒーロー育成プログラム】

では、この怪獣映画のストーリーを、プロジェクト活動に当てはめていきたいと思います。

『ある社員が、普通に仕事をして過ごしていたある日。

 会社から、現場力を強化するためのプロジェクトを始動すると告げられます。

 その社員は他の社員と同じ様に、何をするのだろう?と他人事に思っていると・・・・・

 ある上司がやって来て「お前がプロジェクトメンバーだ!」と告げられます。

 社員は戸惑ってしまうのですが、活動の趣旨やスケジュールの説明をされます。

 全社的なプロジェクト活動に、何をして良いのか分かりません。

 選ばれた人たちが集まり、話し合いの中で色んなものが決まってきます。

 ちょっとできそうな気がして、現場に戻ります。

 どうせやるのなら、ちょっと頑張ってやってみようかな?と思っていると、次々と問題が浮上してきます。

 そこからはピンチピンチの繰り返し。

 試練に次ぐ試練。

 その中で、メンターであるプロジェクトリーダーや他のメンバーから助言をもらいます。

 そして、任期まで自分の責任を果たし、上手くいかなかったこともありましたが、いくつかの目標を達成し、社内的にねぎらわれヒーローとなるのです。

 任期を終え、2期生にバトンを渡す社員は、試練を乗り越え、多くの経験から学びと気づきを得ています。

 自分と同じ試練に立ち向かう2期生のメンターとして、大きく成長しているのでした。』

という感じです。

すべてがこの通りにはなりませんが、『試練を乗り越え、多くの経験から学びと気づきを得ています。』という部分は、全員が共通するのです。

社会人の青春ですね!

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です