元々モチベーションの低い人はいない

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

前回からの続きです。

「何が間違ってたのでしょうか?」

店長が部長に尋ねました。

「原因は色々とあると思うけど、お互いの思い込みというか、決め付けが原因やな。

 人間てな、本来はモチベーションは高い生き物なんやで!

 モチベーションが低くなっているというのは、何か原因があるもんなんや!」

「そうなんですか・・・・・?」

「店長が部下の話をしてきた時にな、部下の話を聞いてるか?って、何回も言うたやろ!

 でも、店長は大丈夫です!教育します!って言うてたけど、俺が教育したかったんは、社員やなくて店長自身やったんや・・・・・

 お互いがお互いを誤解しあって、悪い方向にいってると気づいて欲しかったんや!」

「部長は全部分かってたんですか?」

「当たり前や!俺はお前の上司やど!

 でもな、店長が赤やと思い込んでるもんに、俺が青やと言い切っても、素直に受け取られへんやろ?

 だからな、全員の気持ちを言い合える様にしたんや。

 それで認識が違えば、課題として挙げることができるやろ!」

「はい・・・・・」

「これでお前が店長としてすべきことは分かったやろ?

 お前は頭もええから、もう分かってるはずや!」

「はい!分かりましたけど、部長はこんな状況になっているのを、なんで分かったんですか?」

「そんなもん簡単や! さっきも言うたやろ! モチベーションの低い人間はおらんねや!

 低いのには理由があるはずで、その理由のほとんどは上司や会社そのものにあるんやて!」

「そうですか・・・・・」

「だから、これで店長のモチベーションが下がったら、俺の責任やな!」

「いや!全然下がってないです!

 むしろ、課題が明確になって、闘志が湧いてきてるくらいですよ!」

「そうか!! 俺は優秀な上司みたいやな! ガハハハハ!

 まあ、中には会社内に問題があるんじゃなくて、もっと根深い原因の人間もおるけどな!

 人間の本質は、モチベーションは高いもんやて!

 そう思って人を見る方が、その人を少し深く見れたりするもんや!」

「はい。

 何となく分かった様な気がします。

 明日すぐに社員ミーティングをします!」

店長は、前向きに考え出したのでした。

その店長は今回の件で、

○元々モチベーションの低い人はいない

ということを前提に、部下やその他の人を見る様、心掛ける様になったのです。

そうすることで、今までとは異なった世界が見えるのだと思います。

あなたは、どんな目で部下やその他の人を見ていますか?

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です