第112回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

<挫折しても諦めない人になれ>


パラダイム(世界観)のシフトアップ①

パラダイムのシフトアップとは、自分自身のエネルギーを高める方法の一つです。

パラダイムというのは、世界観のことです。

自分はどういう世界観をもって生きているのか?

考えたことはありますか?

意識的・無意識的に関わらず、人は自分のパラダイムを持って生きています。

仕事をする上でも・・・・・

「食べていくために、解雇されない様に働く」というパラダイムで仕事をしているのか?

「この会社で学べるものは学び尽くして、数年後には独立起業するために働く」というパラダイムで仕事をしているのか?

そのパラダイムのちがいで、働き方や意欲が変わってきます。

挫折しそうな時は、現状のパラダイムを知り、そのパラダイムを一段高いステージへシフトアップするということです。

例えば、あなたが研究者だとします。

実験に実験を繰り返していますが、なかなか計算通りの結果は出ません。

数え切れない程の失敗を繰り返し、今日もまた失敗してしまいました。

その時に周りから、

「博士!

 また、失敗ですね!

 ずっと失敗ばかりですね!」

そう言われたとします。

その言葉に何と答えますか?

発明王のエジソンは、こう応えたそうです。

「バカモノ!

 私は失敗などしたことはない!

 私はこうすれば上手くいかないということを発見したのだ!」

一般人のパラダイムでは、「失敗」という出来事が、エジソンのパラダイムでは「発見」という出来事なのです。

一つひとつのことを、「失敗」だと受け止めていると、精神的にも落ち込みそうですよね。

「また、失敗してしまった!」と。

けれど、エジゾンの様に「発見」だと受け止めると、新しいことを知ることができてワクワクしてきそうです。

そういうパラダイムを持っていたからこそ、何千何万回という実験を繰り返し、様々なものを発明できたのかもしれません。

(つづく)

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です