何かと比べるから心が満たされない

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

そろそろ相対論的に何かと比べる生き方を止めませんか?

人の幸せを見て、自分が不幸だと嘆いたり・・・・・

人の不幸を見て、自分の幸せを実感したり・・・・・

成功を求めて、失敗に怯えたり・・・・・

成長を求めて、成長を感じない自分を責めたり・・・・・

好きなものを意識しすぎて、嫌いなものに振り回されたり・・・・・

正しさを求めて、間違いを許せなくなったり・・・・・

自分の中の正義と、他の人の中の正義があります。

お互いに自分の正義の正しさを主張し合い、相手に分からせるための行動だけをしている最悪の結末が戦争ですよね。

人の意見や価値観、忠告などのフィードバックをされた時に、受け入れられないという人がいます。

そんな人は自分の心が満たされていないのだと思います。

心の満たされていない人同士の意見や価値観、正義の押し付け合いの最悪のパターンが戦争だと思うのです。

相対論的に物事を見て、勝った負けた、正しい間違い、上だ下だ、という眼鏡をかけて生きているから心が満たされないのです。

心が満たされていれば、自分と異なる意見を言われても受け入れることができます。

自分の短所を指摘されても、「そうか!そういう面があるのか!」とサラリと受け取ることができ傷付くこともありません。

心が満たされていないから、自分を守ろうと理論武装をしたり・・・・・

逆に相手の短所を責め返したり・・・・・

理由を付けて相手を悪者にしたり・・・・・

本人のいないところで、悪口や批判をしたり・・・・・

まずは、自分の心を満たすことから始めませんか?

心を満たすための行動を、外側に向けている間は、本当に心を満たすことはできないと思います。

自分の内側に向けて、自分は何を得ようとしているのか?

それを得ることで、何を望んでいるのか?

そんな自分の命からのメッセージを、素直に感じ取ることができた時に、心が満たされていく方向に行くのかもしれません。

そのためには、人と比べないことです。

何かと比べないことです。

絶対論的に、

そんな自分がここにいる!

だけでいいのだと思います。

あなたは自分の心を満たせていますか?

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です