第126回 人を育てチームで業績を上げるリーダーとなれ!

野外で!楽習チームビルディング
日本褒め言葉カード協会の藤咲徳郎&シナジーアークの蔀晋輔の、ジョイント合宿研修
詳細はこちら!
   ↓
https://synergy-ark.com/yagaigakusyuu.pdf


<挫折しても諦めない人になれ>


誰かに助けられている⑧

エピソード⑧

研修の中で、アルバイトスタッフの東山さん(女性・仮名)が、今までの人生で誰かに助けられ、最も感謝していることについて、こんな話をしてくれました。

「私は現在、29歳で、結婚もして平凡な家庭を築いています。

 でも、それができる様になったのは、母親のおかげです。

 10代の頃、恋人を交通事故で亡くしたことがあります・・・・・

 その頃は、家を出て一人暮らしをしていました。

 その時につき合っていた人です。

 同棲はしていませんでしたが、母親も会ったことがあり、仲良くやってくれていました。

 そんな平和な日々を送っていたのですが・・・・

 その恋人が、突然、この世からいなくなってしまいました・・・・・

 突然の出来事で・・・・・

 何が現実で、何が現実ではないのか?

 まったく分からない状態になっていました。

 仕事にも行けず・・・・・

 ただ、落ち込んで、泣いていたと思います。

 そんな状態の時に、母親はずっと家にいて、私と一緒に生活をしてくれていました。

 何も言わず・・・・・

 ただ、食事を作って、洗濯をして、掃除をしてくれて・・・・・

 何も話さずに、一緒にご飯を食べて・・・・・

 そんな生活を続けてくれていました。

 年月が経って、私も立ち直れそうになった時に、母親の気持ちに気づきました。

 娘が心配で、けれど、何もしてやれなくて・・・・・

 自分にできることは、ただ、そばにいて見守ることだけ・・・・・

 そんな気持ちだったと思います。

 そんな母親の気持ちに気づいた時に、立ち直れたのだと思います。

 頑張って、生きていこうと思えたのです。

 我慢強く、見守ってくれていた母親に、とても感謝しています。」

東山さんは、母親が何も言わなかったことに感謝していると話していました。

女性社員は涙ぐみながら、受講生も涙を浮かべながら、その発表を聴いていました。

何も言わなくても、伝わることもあるのでしょう。

また、何かを話していたとしても、彼女は母親に感謝をしていたのだと思います。

大切な人を失った時に、また、大切な人に救われたのでした。

(つづく)

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外で!楽習チームビルディング
日本褒め言葉カード協会の藤咲徳郎&シナジーアークの蔀晋輔の、ジョイント合宿研修
詳細はこちら!
   ↓
https://synergy-ark.com/yagaigakusyuu.pdf


野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です