受講生を見て・・・・・涙!

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

年を取ると涙もろくなると言われます。

私もますます涙もろくなっている様に感じます。

野外研修での焚火を囲んで話し合っている受講生。

自然と涙する受講生。

そんな姿を見てもらい泣きをする私。

そして、研修を終え帰路に着く受講生たち。

「さよなら」の挨拶をして見送る時にもこみあげてきそうになる涙。

どうして涙もろくなるのだろう?

それは年を重ねてきた経験の分、自分と重なり合うものが多くなってきたんでしょうね。

新入社員同士の同期で語り合っている姿に、30年前の自分を重ね合わせているのでしょう。

まだ、学生気分も残りながら、社会に出たことの不安と期待が入り混じった気持ち。

社会人になって初めてできた仲間。

この同期っていうのはいいですよね。

例え、途中で転職したとしても、その時の同期とはつながっているものですからね。

この子たちも、そんな同期の絆を育んでいるんだな!

そう思うだけで感動してしまいます。

それぞれが抱えている悩みも・・・・・

今となっては大したことないと思う様なことでも、その時には必死で、深刻で、真剣で・・・・・

それに向き合っていこうとする姿に感動してしまいます。

最近は、コロナ禍によりオンライン研修が増えています。

オンラインなので、受講者同士のエネルギーを交換することが困難です。

手をつないだり、ハイタッチをしたり、円陣を組んだり・・・・・

そういったスキンシップも絆を育むためには大切な要素ですからね。

コミュニケーション方法も、リアルよりもメールなどのオンラインが多くなり・・・・・

社内の同じ部屋にいる人にも、メールで連絡をするというのも聞いたことがあります。

そんな時代だからこそ、このリアルな野外研修を大切にしていきます。

もちろん、コロナの感染防止対策は万全を期してです。

ちょっとCMっぽくなってしまいましたが・・・・・

社員の成長を望むのなら、社員の心・感情に訴えかけるものが必要だと思います。

文字を読んだり、話を聞いて、大切なものを脳に記憶させるのではなく・・・・・

感情が揺れ動くことで、大切なものを心に刻み込むこと。

それが野外研修です。

あなたも、そろそろスーツを脱いで森に出掛けてみませんか?

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です