学びたい人しか学ばない

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

部下教育に熱心な主任と、その店長のエピソードをご紹介します。

その主任は、ある社員に成長してもらいたいと強く思い、日々熱心に教育的指導を行なっていました。

「〇〇君な、こういう時はな、これがこうで、あれがこうで・・・・・

 分かったか?

 このテキストをあげるから、勉強せえよ。」

「これからはマーケティングも必要になってくるからな、この人の書いた本は分かりやすいから、一度読んでみたらええと思うで。」

「もっともっと勉強してな、早く成長していかなな!」

「このセミナーを受けてきたらどうや? 勉強になると思うで!」

主任がそう言うと、社員の返事はいつも「はい!分かりました!」と返ってきます。

しかし、テキストは見ない、本は読まない、特に勉強はしない、セミナーに行っても何も学んでこない・・・・・という状況でした。

どうしても社員が勉強をせず、主任はどうすればいいのか?分からなくなってしまいました。

そんな時に、店長からこんなアドバイスをもらったのです。

「主任!

 中国かどっかのことわざでな、

“喉の渇いてない馬に水を飲ませることはできない”

っていうのがあるんや。

 水を欲しがってないのに、親切心で水を口に持っていっても馬は水を飲まんのや。

 ありがた迷惑やな。

 その社員は喉が渇いてないのに、主任が一生懸命水を飲まそうとしてるだけやねんな!

 社員からしたら、ありがた迷惑になってるんやと思うぞ。

 主任がせなあかんのは、水を上げることではなくて彼の喉を乾かせることやねん!

 その知識や技能を覚えさせることやなくて、それらを“欲しい!”と思わせることや!

 分かる?

 そのためには、その知識や技能を必要とする状況に持っていくことちゃうかな?

 まあ、後は自分で考えてみ!」

と。

そして、その主任が取った行動は、具体的な業務を依頼することでした。

・〇日までに、通りすがりの人が思わず入店したくなるポスターを作って!

・お客さんも一緒に楽しめるイベントをしたいんやけど、〇日までに企画してくれるか!

・〇日までに新しい商品を売り出すキャッチコピーを考えて!

という感じでした。

必ず、期限も定めたそうです。

その結果、劇的に勉強をする様になったわけではありませんが、勉強しないとできないので勉強をし始めたそうです。

その分野の本を読むまでいっていませんが、ネットで検索して調べるレベルにはなったそうですよ。

あなたは部下が、学ぶ必要がある状況を作ってあげていますか?

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です