社会人の青春!学校 Vol.1

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

今日からまた一つ、新しいシリーズでメッセージを発信していきます

シリーズ名は「社会人の青春!学校」になります。

現在、私は講座型の塾の開校の準備を進めています。

塾というよりは、私らしく青春学校と表現しています。

講座の修了後はコミュニティとしての活動を始めていきます。

開校日などはまだ設定していませんが、ホームページなどの制作など準備は進んでいます。

このブログのシリーズは、その学校の受講生を想定して書いていこうと思っています。

どんな人を対象に学校を始めるのか?もこの中で書いていきますが・・・・・

まずは、なぜそんな企画を始めたのか?

いや、始めたというよりは何かに始めさせられた!

何かに背中を押されていると言った方が適切かもしれません。

実に不思議な状態で企画が形になってきているのです。

このシリーズは、そんなところから書き進めていきますので、どうぞよろしくお願い致します。



ある会社で常務をしている方がいました。

45歳という若い方でした。

その方は素晴らしい方で、何度か一緒に人財育成活動をしたことがありました。

また、時折二人で飲みに行くこともありました。

阪神尼崎でよく飲みました。

私は自宅が尼崎市。

彼は2~3駅と近所だったので二人で飲む時はほとんど尼崎でした。

そんな二人での飲み会でこんな話をしたことがあったのです。

雑談です。

「今時の若い社員は、一人で悩みを抱えて誰にも相談することなく退職してしまうことがある様なんですよ!」

「雑誌で読んだんですけど、多くの若者は個人的な悩みを抱えた時に、学生時代の友達とは疎遠になり相談できず、また社内にも相談できる人がおらず精神を病んでしまうことが多いそうなんですよね!」

「昔は当たり前にあった先輩・後輩という縦の関係が希薄になって、人から人へ教え合うことが減り、分からないことはネットで検索して終わり・・・・・結局、自分たちで経験することが減っている様に感じるんですよね!」

「自殺する若者も、大半はそんな状態じゃないんでしょうかね?」

「そんな若者たち同士がつながったり、若者たちに自分たちの経験を話したり相談にのってあげられる様なことはできないもんですかね?」

「先生と生徒という堅苦しいコミュニティではなく、先輩と後輩みたいな気さくな関係性のコミュニティを作ったら面白いかもしれませんね!」

「仕事やプライベートでちょっと悩みがある時に、気楽に相談できる様な先輩がいる様な集まりがあればいいよね!」

お酒を飲みながら、よくそんな雑談をしていました。

私も漠然としたイメージはありながらも、具体的に何かをしようとは思っていませんでした。

その内にそういうこともしたいな~と思っている程度でした。

それが思いもよらない出来事が起こってしまったのです。

これがその企画になります。

https://synergy-ark.com/

是非とも、ご覧下さい。

(つづく)

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

天国と地獄

次の記事

師弟愛