理想と現実と妄想と・・・・・

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

経営者の方と話をさせていただいて、2つのタイプに分かれるな・・・・・と感じたことがあります。

一つ目のタイプは、

「それは分かっているけれど、理想なんですよね。

 現実的には・・・・・!」

という発言をするタイプです。

もう一つのタイプは、

「私たちが理想を追わないで、誰が理想を追うんですか!

 現実に対して・・・・・(やれることをやろう!)」

という発言をするタイプです。

前者のタイプの社長から相談を受けても、ほとんど契約に至ることはありません。

時間がないから!

人がいないから!

そのタイミングではないから!

なんていう言葉がたくさんでてきます。

なぜ、私に相談したんだろう?と思ってしまいます。

後者の場合は、何かしらの取り組みがなされています。

まだまだ十分に機能していないことも多いですが、何かの一歩を踏み出しているという感じです。

社員もまだまだ育っていないけれど、社員が成長できる環境を作りたい。

また、成長したいと思える会社にしたい。

そんな想いが伝わってきます。

そんな環境の会社になるのは理想だけど・・・・・現実は・・・・・

という発想からは何も生まれないでしょうね。

現実はこうだけど、理想に向けての取り組みを行っていくことで、現実が変化していくのだと思います。

理想というのは理想で叶わないものかもしれません。

しかし、その取り組みがあるからこそ、現実のステージが上がっていくのだと信じています。

もちろん、苦労も紆余曲折することも多々あるでしょうが・・・・・

ただ、妄想になってしまっては駄目ですけどね。

地に足をつけながらでないと、歩くことはできませんから。

ある社長がこんなことを言っていたのを覚えています。

「理想も妄想、現実も解釈しているだけで妄想!

 同じ妄想なら面白そうな方に行く!」

という言葉です。

さて、あなたはどちらのタイプでしょうか?


社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です