偽りの店長会議

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

今はもう存在しないパチンコ企業ですが・・・・・こんな会議をしている会社だったそうです。

複数店舗を営業するその会社は、毎月店長会議が開催されていました。

店長会議の内容は・・・・・

現状に関する“駄目出し会”になっていました。

何を報告しても、

「もっと良い結果を出すことはできなかったのか!?

 思案が足りない!

 すべてが言い訳だ!」

と、叱られてしまうのでした。

店長たちは元々、議論が上手な方ではありません。

社長の言うことに反論もできず、無言のままです。

会議というよりは、社長の“お説教タイム”へと変貌していたのです。

しかし、社長の発言に対して、誰も間違っているとは思っていませんでした。

ただ、いつも怒っているのです。

会議慣れしてきた店長は、話半分で聞き流しながら、来月は頑張ります!というパフォーマンスをしてやり過ごしていました。

正直な店長が施策に困っていると、「施策も分からずに店長をしてるのか!!」と雷を落とされます。

店長の中では、店を良くするための会議ではなく、どう上手く報告をして雷を落とされずに済むのか?を考える会議になってきてしまっていたのです。

ある会議で、とある店長が「入場者数が少な過ぎる!」と責められました。

来月に今月を下回ったら減給だ!と宣告されたのです。

入場者は各出入口にセンサーが設置され、人が通るとカウントされ、それが入場者数として計上されています。

あなたなら、どうしますか?

その店長の取った行動は・・・・・

出入口に設置されている、センサーのカウントを上げることでした。

入場者数を増やすことではなかったのです。

出入口のセンサーの場所に行き、プラスティックの板を使って、センサーのカウントを上げていったのです。

そして迎えた店長会議・・・・・

結果の数字を見た社長は、「やればできるやないか!」と上機嫌だったそうです。

何をして伸ばしたのか?聞かれることはなかったそうです。

しばらくは、成績が極端に落ちてきた時は、入場者カウンターを上げて、

「稼働は落ちてきているんですが、入場者は増えてきています。

 信用はあるんですが、遊べる小遣いが減ってきているのが原因だと考えています。

 今後は入場者数を更に上げるために、施策を練っていきます。」

なんていう報告をしていたそうです。

正しいことを言っていても、怒ってばかりだと、“報告するための会議”になってしまう可能性がありますね。

そんな会議形態だったため、経営の本質をつかめずに業績を落としていったそうです。

あなたの会社の店長会議は、本当の会議になっていますか?


社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です