部下の沈黙の時間

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

部下の沈黙の時間を大切にしていますか?

私は大切にしていなかった時期があります。

沈黙を大切にするという意識がなかったのです。

部下に質問をして、部下が答えを考え出すと・・・・・

今頃考えるなよ!

すでに考えておくべきだろ!

みたいな感情になっていたと思います。

ほんの少しは待つのですが、すぐに自分が発言をしてしまっていました。

「どうしてん?」

「何を考えてるんや?」

「なんとか言えよ!」

「思っていることを言えばいいんや!」

みたいな感じでした・・・・・汗

もちろん、部下が怠慢で事前に考えていなかったという様なこともあります。

そうではなく、リアルタイムな質問に対しての沈黙の中には、部下にとって大切な思案の場となっていることもあるのです。

それに気づいてからは、沈黙があまり苦にはならなくなりました。

それまでは沈黙の時間が苦痛だったんですね。

今はいくらでも沈黙に対峙できる様になりました。

実は部下の沈黙にはサインが含まれていることがあるのです。

分からない答えを探して考えているサインなのです。

分からずに考えている途中に、「何を考えてるんや?」と言われても、まだ思案中なのです。

「なんとか言えよ!」と言われても、その言うことを考えているのです。

「いつまでも待つよ!

 時間はたっぷりあるからね!

 疲れたら休憩してからもう一度話をしようか!」

そう思える様になりました。

特に部下自身に対する質問などはそうです。

部下が自分でも分かっているのに行動が伴っていないなど、自分自身を見つめる様な質問の時は沈黙が起こりがちです。

部下が考えているのに上司が答えを促してしまうと、本心ではない答えを話してしまうこともあります。

その沈黙に関しては、上司よりも部下の方が苦痛に感じているものです。

上司としては、時間は気にせずにゆっくりと考えよう!という余裕を持ちたいものですね。

ただ、本当に何も考えていなくて、時間の経過だけを狙っている沈黙もありますが・・・・・

そこは上司として見抜いて下さい。(笑)

あなたは部下の沈黙の時間を大切にしていますか?


社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です