悩んでいるのは、どこ?

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

従業員ヒアリングで会社の現状を聞き出すことがあります。

会社の素晴らしいところを話してもらえる時もありますし、逆に問題点や悩んでいることを話してくれる時もあります。

時には愚痴を言ってくれる人もいます。

良いも悪いも聞くのが目的なので、どんな話でも受け入れています。

その中で悩みとして多いのは何だと思いますか?

はい、その通りです。

悩みのほとんどは人間関係です。

会社の制度の不満などは、これから改善すれば良いという面もあるので、悩む程のものにはなっていないということも少なくありません。

それよりも、モチベーションを下げてしまっている原因は人間関係なのです。

人間関係というよりは、人が関わっている事柄と言った方が適切かもしれませんね。

上司と上手くやっていけない。

部下との間に壁がある。

考え方や価値観が合わない。

そんな人間関係そのものが上手くいっていないこともあります。

また、人と人としての関係性は悪くはないのに、人が関わっているところで悩んでいる人が多い様です。

仕事ができないという悩みは、上司からの評価が下がるという気持ちが大きく、仕事ができていないそのものに悩んでいる訳ではない様です。

迷惑を掛けてしまった!という悩みも、迷惑を掛けた人に悪く思われているのではないか?という気持ちが大きく、迷惑を掛けた行為そのものに悩んでいる訳ではない様です。

劣等感と言われるものも同じだと思いませんか?

足が短いという劣等感は、足が短いと異性にもてないという想いから持ってしまうものかもしれません。

頭が禿げていたりお腹が出ているという劣等感も、人にどう思われるのか?を気にしているから持ってしまうものかもしれません。

身体的コンプレックスはほとんどがそうではないでしょうか?

よくよく人は人の目が気になる様です。

もちろん、私も気にならないと言えば嘘になります。

ただ、「自分は人の目を気にしてる!」ということを自覚しているのか?無自覚なのか?で、それぞれの受け取り方は変わってきますよ。

過剰に人の目を気にしすぎてしまって、相手に合わせた言動をとってしまったな。

少し相手にバランスが傾いているので、もう少し自分を軸にして考えてバランスをとっていこう。

そう思えれば行動の幅も増えてきますし、何よりも自分らしくいられる可能性が高くなります。

従業員の方は、そんな意識を少し変えるだけで職場の捉え方が変わるかもしれませんよ!

また、社長や経営幹部の方は、モチベーション向上のために新しい制度を導入したりするよりも、従業員同士の風通しを良くする取り組みをする方が効果は高いかもしれませんよ!

あなたは人が関わることで、必要以上に悩んでいることはありませんか?

社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

部下の失敗する権利