人生の味は自分が決めている

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

「旅人の話」をご存知でしょうか?

こんな話です。

ある町に一人の旅人がやってきました。

町の入口の門のところに立っている老人と旅人が会話をしました。

「おじいさん、この町はどんな町だい?」

「あなたが今までいた町はどんな町じゃった?」

「いやあ、前にいた町は嫌なヤツばかりでろくな町じゃなかったよ!」 

「そうかい、この町もあなたが前にいた町と同じ町じゃよ!」

また別の日に別の旅人が来て、老人と会話をしました。

「おじいさん、この町はどんな町だい?」

「あなたが今までいた町はどんな町じゃった?」

「私が前にいた町は素晴らしい町で、人々は親切で良い町でしたよ!」 

「そうかい、この町もあなたが前にいた町と同じ町じゃよ!」

人は自分が見ようとしているもので人生を味わっている!と言われます。

最初の旅人は嫌なところばかりを見ていたのでしょう。

そういう人は、この町に来ても同じ様に嫌なところを見て「嫌な町だ!」と感じるということなんですね。

別の旅人は、良いところを見ようとしていたのでしょう。

そういう人は、この町に来ても同じ様に良いところを見て「素晴らしい町だ!」と感じるということなんですね。

同じ状況なのに、人は楽しんでいるのに自分はつまらない・・・・・

同じ仕事をしているのに、人は楽しそうにしているのに自分は苦痛でしかない・・・・・

そんな経験はありませんか?

雨が降って憂うつな気分になる人もいれば、雨が降って草木が育つな~!と思う人もいます。

野外研修ワークショップ協会の校長である清水国明は、雨の日のアウトドアイベントの時にこんな話をしていました。

「いやー!今日は最高の天気ですね!

 こんな土砂降りのアウトドアはなかなか経験できるものじゃありませんよ。

 今日はきっと貴重な経験になりますよ!」

雨の日の野外研修も同じですね。

あなたのものの見方はどうですか?

どんなものにフォーカスをしていますか?

嫌な感情を味わっているのは、自らが選んでそうしているだけなのかもしれませんよ。

突然の雨にびしょ濡れになった時に、「あああ!嫌だ~!気持ち悪い!」という捉え方をするか?

「これは家に帰って暖かいお風呂に入ると気持ちいいぞ~!」という捉え方をするか?

あなたは人生の今日の出来事を、どの様な捉え方をしていますか?

社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です