成功談よりも失敗談を・・・・・

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

このワードプレスでのグログになってから一年以上が経ちます。

以前にアメブロで書き始めたのは2011年からなので、約10年間書いていることになります。

そんなブログの昔の記事を読み返してみると・・・・・「今の考えはちょっとちがうな!」と思うことがあります。

「いやいや、それ間違っているよ!」と思うこともあります。

それは、私も成長している証しということで許していただきたい気持ちになります。

仕事の面でもそうですね。

今だったらこう言うのに!

今だったらこうするのに!

と思うことはありませんか?

その時にいた人たちに、「ごめんなさい!」という気持ちも湧いてきます。

けれど、それはそれであの時の自分の精一杯の言動だったんですから、許してあげましょうよ!

そんな気持ちもあります。

以前、部下教育が得意な後輩がいたのですが、

「今ならもっと上手に部下を育てますよ!」

と、言っていたのを思い出しました。

「今ならあんな強引にするのではなく、もっと心に訴えることができるのに!」と・・・・・

自分が店長や部長時代の話をすると、今ならもっと上手にやれるはずなのに、「恥ずかしい!」と思うことがたくさんあります。

だから、過去の出来事なんて、心底から自慢できることって・・・・・あまりないんですね。

「俺の若かった頃は・・・・・ここまでしたんだぞ!」

「俺が店長だった頃は・・・・・こんなに素晴らしいかったんだぞ!」

「俺が部長だった頃は・・・・・・・・・・!」

って、自慢する人もいますし、私も自慢したいと思う一面もあります。

その反面、「現在の自分は過去の自分を越えているんだ!」という気持ちもありますし、「過去は失敗したことの方が多いじゃないか!」という気持ちもあります。

だから、とても恥ずかしくて、自慢などできないというのが率直な気持ちです。

また、上司の立場の人が部下に対して自慢しても、部下は何も啓蒙されないし、学びにもならないと思います。

それよりも、リーダーのあなた!

恥ずかしいことを暴露した方が良いですよ!

上司の失敗ほど、学びになることはありません。

その失敗を知った部下は、きっとあなたと同じ失敗はしないでしょう。

そう思います。

部下が過去の自分のその年齢になった時に、同じ年の自分よりも成長している様に!

たくさんの失敗話をしてあげましょう!

失敗の中にこそ学びがあるんです。

あなたは、部下に失敗談を伝えていますか?

社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

事実と妄想