自己変容の軌跡 Vol.26

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

前回の「自己変容の軌跡 Vol.25」はこちら!

もう一人、大学生の時に出会い、私に影響を与えてくれた人の話をします。

その人もスナックのママさんでした。

心斎橋の喫茶店で働いていた友達の母親になります。

母子家庭で私と同じ年の息子を育て上げた人です。

その友達も母親の苦労を見ていたので、お母さんっこでした。

氷店の仕事の後、その友達と待ち合わせをして、スナックの清掃や片づけをしてから遊びに行くこともありました。

飲みに行ってカラオケで歌うと、「しんちゃ~ん!今日の一番よ~!」と、すべての人に「一番」をプレゼントしていました!

そして、私が30歳になった頃に会社を辞め、心斎橋の鉄板焼き屋で修業をしたことがあるのです・・・・・

真夏でヘトヘトになっていたのですが、飲みに行くお金もありません。

その時に、

「ママ!仕事帰りに5分だけ涼ましてくれへん!

 で、ビール1本500円で飲ましてほしいねん!

 もう、次の日も早いからすぐに帰るから!」

とお願いをして、短い期間でしたが仕事帰りにビールを飲ませてもらっていたこともありました。

「早く遊べる身分になりたい!」と思ったものですが、この話はもう少し先の出来事です。

そのママさんも癌で亡くなりました。

息子である友達と飲むと、100%ママさんの話になります。

「40歳を超えていたのに、30歳って言い張ってたな~!」とか・・・・・(笑)

何かしたいことを話すと、

「やりたかったらやったらええねん!

 失敗したら失敗した時やん!

 やるだけのことをやって、あかんかってもなんぼでもやり直しできるんやから!

 まだまだ若いし、色んな経験積んだ方がええよ!」

と、背中を押してくれるアドバイスをしてくれていました。

「学歴も何もないけど、生きるパワーは誰にも負けへんよ~!」

と、年齢を感じさせないママさんでした。

夜遊びした後に、店に迎えに行って一緒に友達の家に帰ることもありました。

泊めてもらって、ゴリゴリに固くなっている肩をマッサージしてあげたり、ちょっとした整体をしてあげたこともありました。

“人はどんな状況になっても生きていける!”

そんなことを教えてもらった気がします。

私は母親との間に溝があったので、外の世界に母親の様な存在を求めていたのかもしれませんね。

50歳を過ぎた今、何となくそう思う様になりました。

そんな大学時代を過ごして、いよいよ社会人になります。

社会人になって、自分の感覚がおかしくなっていくのですが・・・・・それはまた次回に!

(つづく)

社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です