社員研修ブログ(712号)組織内のパワーのバランス

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

「上司にパワーがあり過ぎて、何も言えないんですよ。」

とある社員の言葉です。

一つの組織(会社・部署・家庭など)を箱に例えると、その箱に入るパワーの量は一定である!という考え方があります。

その箱の中で、社長や上司、親などのパワーが占める範囲が大きくなると、部下や子どもたちがパワーを発揮できるスペースが無くなってしまうという考え方です。

部下や子どもたちのパワーを大きくしたければ、社長や上司、親のパワーを小さくして、部下や子どもたちがパワーを出せる空間を作ることが必要になるのです。

そうすれば、部下や子どもたちがパワーを発揮しだすのですが、すぐにそのスペースを埋めるほどのパワーを出すことはできません。

その間に、空間には色んなものが落ちてしまいます。

クレーム・失敗・やり忘れ・紛失・争い・・・・・などなど。

それに我慢できずに、再び社長や上司、親がパワーを発揮して、元の形に戻ってしまう・・・・・

そんなことに心当たりはありませんか?

人の上に立つ者は、我慢と工夫が必要なのでしょう。

パワーのスペースを空けつつも、その空間に余計なものを落とさないフォローとアドバイス。

人の上に立つ仕事は、本当に大変な仕事だと思います。

社長や上司、親をリーダーという言い方をするなら・・・・・

リーダーは、少し抜けたところがある方がいいのかもしれませんね。

少し雑な面があったり・・・・・

少し忘れん坊な面があったり・・・・・

その方が、部下が育つというのもよくある話です。

メンバーがリーダーのために役立っている!という存在欲求を満たすことができるからかもしれません。

私も、パーフェクトなリーダーよりも、自分がカバーできる面があるリーダーの方が、やり甲斐を感じてしまうタイプです。

そして、リーダーの立場であった頃の私は・・・・・

抜けまくっていました!(笑)

みんな、いつも協力ありがとう!という気持ちでした。

今回のブログは、自分のことを正当化するために書いたわけではありませんので・・・・・汗

組織やチームとしては、そのパワーのバランスを保ちながら、パワーの入る箱を大きくしていくこと!

それが大切なんだと思います。

あなたの出しているパワーの量は、バランスが取れていますか?


電子書籍 「緊急指令!チームで目標を達成せよ!」¥100の購入はこちら!

https://www.amazon.co.jp/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E6%8C%87%E4%BB%A4%EF%BC%81%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A7%E7%9B%AE%E6%A8%99%E3%82%92%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%9B%E3%82%88%EF%BC%81-%E8%94%80-%E6%99%8B%E8%BC%94-ebook/dp/B08YPH2W96/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%94%80%E6%99%8B%E8%BC%94&qid=1615799370&sr=8-1&fbclid=IwAR1Ca6A7qh_oTMQcs7z_SIOwzru_y7hI68VxwWnKZTfIqSiqH0Ni6r32j_o#detailBullets_feature_div

社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です