社員の遅刻エピソード②

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

今日も社員の遅刻に関するエピソードになります。

店舗でのNO.2の立場にある主任が遅刻をしてしまいました。

一度目は軽く注意されたのですが、そんなに間が空くことなく再び遅刻をしてしまいました。

本人も深く反省をしていました。

主任という立場で遅刻をしてしまい、他の社員やアルバイトスタッフに向ける顔がない・・・・・そう思い自己嫌悪に陥る程でした。

店長に「自分に罰を与えてほしい!」と懇願する程でした。

店長は、そこまで反省しているので罰は要らないと考えたのですが・・・・・二度目ということで反省文を書くことを指示したのでした。

それで遅刻が無ければ良かったのですが・・・・・

三度目の遅刻をしてしまったのです。

そして、「店長、減給でも、クビにでも何でもして下さい!」と訴えてきたのです。

そこで店長は、こんな罰を与えたのでした。

「どんな罰でも受けるか?」

「はい!」

「嫌ということは言わないか?」

「はい!何でもします!」

「じゃあ、主任は親御さんに連絡をして、家族で食事に行くこと!

 そして、今までお世話になったことの感謝の気持ちを伝えること!」

「えっ!家族ですか?」

「何でもするって言うたな?」

「はい・・・・・」

という指示を出したのでした。

実は主任は家庭環境が複雑で、親御さんとは疎遠になっていたのです。

長い間会っていなかったことを店長は聞いていたのです。

しぶしぶ主任は親御さんに連絡をして、食事に行ったそうです。

その話を主任から聞いたのですが、どことなくスッキリしている様な気がしました。

本人も、

「とても抵抗があったけれどいい機会を作ってもらいました。

 このことが無かったら、親とはこれからも会っていなかったと思います。

 店長には感謝しています。

 ・・・・・でも、連絡するの嫌でしたわ~!(笑)」

とのことでした。

この店長、ちょっとカッコイイと思いましたよ!

あなたなら、部下にどんな罰を与えますか?

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です