体と心は連動している

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

体と心は連動しています。

心に無理を強いれば体が壊れてしまいます。

人は心で胃に穴を空けることができます。

心が緊張すれば、手足を震えさせることができます。

悲しい時には涙が出ます。

嬉しい時には笑顔になります。

これらは心から体へという方向です。

逆の方向もあります。

体から心への方向です。

体に無理を強いれば心が壊れてしまいます。

体が疲れている時には、物事を楽しむことができません。

激痛の中で、正常な判断はできません。

体と心は連動しています。

だから、心が何かを感じた時には体にも聴く様に心掛けています。

怒りを感じている。

その怒りは体のどこで感じているのか?

胸のあたりか?

頭の先なのか?

それとも腹なのか?

その感じている場所に意識を集中して、その場所で深呼吸をするイメージで呼吸を整えると、落ち着きを取り戻すことができるからです。

また、心と逆の動きをすることもあります。

体と心は連動しているので、あえて逆のことをするのです。

人は笑顔で怒鳴ることはできません。

笑顔で怒ることができません。

怒鳴った瞬間に笑顔は無くなっています。

また、スキップしながら悩むこともできません。

スキップもルンルンな気分に連動するので悩めないのです。

悩んだ瞬間に、スキップは止まってしまいます。

だから、心がうつむき加減の時は、笑顔でスキップをしてみて下さい。

暗い気持ちが、少し楽になります。

私は悲しい時に、車の中で大笑いしたことがあります。

心が少しは癒されますよ

あなたは自分の体と心を、両方とも同じ様に大切にしていますか?

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です