愚痴ってもいい!その後は・・・・・

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

とある社長と、店舗で2番手である主任とのエピソードです。

その主任は、店長に対して不満を抱いていました。

・店長は消極的すぎる

・店長はアルバイトスタッフと距離を取りすぎる

・そのために信頼を得られていない

そういった不満でした。

しかし、主任は愚痴を言うのを嫌うタイプでした。

ですので、社長から店長のことを聞かれても、

「いつも教えていただいて、成長させてもらっています!」

という返事しかしていませんでした。

そんなある日、社長と主任が二人で会話をする機会がありました。

「主任、店長に対して思ってることはないんか?」

「はい!」

「他の社員は結構愚痴っとるぞ!

 リーダーシップがいないとか、アルバイトからも信頼を得ていないとか・・・・・」

「はい!

 でも、それは自分たちにも責任があるので、愚痴ってしまうというのもどうかと・・・・・」

「それで、愚痴らずに何をしてるんや?」

「自分の役割をきっちり果たしていきます!」

「役割って?」

「主任として部下の社員やアルバイトを引っ張っていきます!」

「んんん・・・・・主任は愚痴を言うのがあかんと思ってるんか?」

「はい!愚痴を言う男はみっともないと思います!」

「そうか・・・・・

 あんな主任!」

「はい!?」

「日々頑張ってたらな、ストレスも溜まるしな・・・・・愚痴は言うてもええんやで!

「えっ!?」

「誰にでも愚痴はあるからな、みんなでその愚痴を言い合ってもええねん!」

「・・・・・いいんですか?」

「そこでな社員たちの愚痴を聞いてあげるのも主任の仕事や!

 ついでに自分も愚痴ってな!」

「・・・・・?」

「ただ、そこで終わったらあかんねや!

 愚痴を言うてな、その後にな!

 だから、俺はこうする!

 というのを付け足したらええんや!

「・・・・・はい!」

「店長がアルバイトから信頼を得ていない!

 だから店の中の雰囲気が良くない!

 店長がリーダーシップを発揮してないから、店長が悪いんや!

 って、愚痴った後に・・・・・

 だから、俺は店長に現状を伝えて問題提起するんや!

 って言うて、行動に移したらええんや!」

「はい・・・・・なるほど!」

愚痴も言わんとな、何の行動もせん方が罪やぞ!

「はい!

 何か、分かった様な気がします!」

「そうやろ!

 だから愚痴りまくれ!

 愚痴りまくって、次の行動を宣言していけ!

 その方が男らしいわ!」

「はい、分かりました!」

そして、その店舗では愚痴を言い、そこから問題点を把握し改善していくという風土が生まれだしたそうですよ。


あなたの部下たちは、愚痴を問題点へを転換する習慣を持っていますか?

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です