社員研修ブログ(1118号)部下の(人生の)応援団長

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。


部下教育に関して相談を受けることがあります。

リーダーシップやチーム作りなどの研修を開催することもあります。

最も困るのが、そこで学んだことを上辺だけで行ってしまうことです。

“部下の良いところを見つけたなら褒めてあげましょう!” ということを学んだとします。

そこで “褒める” という行動にフォーカスしてしまうのです。

そんな気持ちがないのに、褒めることで部下のモチベーションを上げようとしたり、部下を動かそうとしてしまうのです。

部下はその言葉に想いがあるのか、口先だけなのかを敏感に感じ取るものです。

テクニックとして “褒める” という行動を取ってしまっているのです。

叱ることも同じです。

自分の上司へのポーズで部下を叱っている。

そこに想いがないから部下からの信頼も失う。

それなら、何もしない方がましですね。

・・・・・・・・・・

とある店長の話です。

その店長は楽しい店作りを目指しています。

目標はお客さんに楽しんでもらうことです。

その目標達成のためには、働いている従業員が楽しく働くことだと話していました。

そして、従業員が一人ひとり楽しく働くためには、従業員一人ひとりのプライベートが充実していないと実現できない!

ということで、定期的な面談を継続・実施して様々な話を聴いています。

褒めないといけない!

叱らないといけない!

という表面的なテクニックではなく・・・・・

また、「みんな元気に挨拶しなさい!」と指示だけを出すのではなく・・・・・

もっと、従業員たちとの関係性にフォーカスする様にしているそうです。

なので、従業員のプライベートな面も把握していました。

A君は母子家庭で、苦労をしてきた母親と旅行に行って親孝行するために貯金をしている。

B君は彼女と別れたばかりで、少し落ち込みながらも仕事中は笑顔で働いている。

C君は音楽の世界で生きたくて、仕事以外はスタジオやライブハウスなどで歌っている。

Dさんは恋人が欲しいけれど、出会いがなくて恋ができない。

Eさんは子どもがいて、子どもが反抗期で手を焼いている。

そんなことを知り、それぞれの従業員にアドバイスをしたり、手助けをしたりしているのです。

その店長の言葉です。

「私は上司ではあるけれど、部下たちの(人生の)応援団長なんですよ!」

かっこいい言葉でした。

あなたは、部下にとってのどんな存在ですか?

助成金を使って研修ができます。
まずはこちらをご覧下さい。
【番外編】人材開発支援助成金とキャリアアップ助成金を活用して社員育成の研修を実施しよう! – YouTube

また、野外研修の販売代理店を随時募集しておりますので、興味のある方はメッセージを下さい。
synergy@bcc.bai.ne.jp


メルマガ登録はこちら!
https://i-magazine.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=shitomi4103&task=regist


社会人の青春!学校の紹介ページ
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です