ノミニケーション②

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

前回からの続きになります。

とある部長と3人の店長でノミニケーションを取りに行くことになりました。

居酒屋で酔いがまわるにつれ、様々な話で盛り上がってきました。

店長同士での様々な意見交換もありました。

「いやーなかなかチームを作るっていうのも、難しいですよね!

 コミュニケーション不足になりがちですし!」

「ほんまですよね!

 何か、良い方法はないもんですかね!」

「そう思って、ノミニケーションを取って、距離を近くしようと思ってたんですけど、逆に近くなり過ぎて緊張感がなくなるんですよね!」

「何で、緊張感がなくなるんですかね!?」

「それは・・・・・んん・・・・・??

 照れ臭くて叱れなくなるからですかね!」

「そうですよ!

 仲良くなっても、叱る時には叱らんと駄目ですよ!

 ノミニーケションの始める時と終わる時には、店長からこれから頑張るぞ!的な発言をしたらどうですか?」

「それもそうやね!」

と、アドバイス的な意見や、新しいアイディア的な意見が出てきました。

そんな盛り上がりで、“明日からも頑張るぞ!”的な飲み会となり、その日は解散となりました。

その日は部長はあまり話さず、3人の店長が中心に盛り上がった飲み会だったのですが・・・・・

翌日、その悩める店長の店に部長がやってきました。

「店長!どや?

 昨日も色々と意見が出たと思うけど、参考になることはあったか?」

「はい!

 叱る時には叱って、なあなあ体質から脱却します!」

「それも大事やな!」

「それで、ノミニケーションも控えようと思ってます!

 もうお互いのことは、分かり合えてると思うので!」

「んん・・・・・

 まあ、一時控えるのはええとは思うけどな・・・・・

 店長はどういう脚本でノミニケーションを開いてるんや?

「!?・・・・・脚本!?ですか!?」

「そうや!仲良し友達ごっこやないんやから、ノミニケーションには鉄則があるやろ!」

「!?・・・・・鉄則!?

 それは考えたことなかったですけど・・・・・」

「まあ、今回の件は、その鉄則破りが原因やな!」

「鉄則破りですか・・・・・!?」

「そうや、鉄則破りや!」

と、部長は話しだしたのですが、中途半端に長くなりそうなので、またまた次回に続きます。

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ノミニケーション①

次の記事

ノミニケーション③